読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

マルチの子 (文芸書)

マルチの子 (文芸書)

マルチの子 (文芸書)

作家
西尾潤
出版社
徳間書店
発売日
2021-06-09
ISBN
9784198653019
amazonで購入する Kindle版を購入する

マルチの子 (文芸書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

書店で気になり、図書館に予約して読みました。西尾 潤、初読です。マルチ商法の経験者だけあって、リアルで破綻への道がゾクゾクと楽しめる内容でした。人間の金銭欲がマルチ商法や詐欺を引き付けるんでしょうね。途中まで主人公は、真瑠子と書いて「まりこ」だと思っていたのですが、実際は「まるこ」、マルチの子でした(笑) https://pdmagazine.jp/today-book/book-review-844/

2021/10/20

みどどどーーーん(みどり虫)

『愚か者の身分』が好みだった作家さん、実体験を元に書いたっていう今作もおもしろくて一気読み。姉と妹とは違って自分には何もないと思っている真瑠子、やっと自分を認めてもらえたのがマルチ商法の世界。だから頑張った。少し上手くいかなくても大丈夫って思った。もっと上にいくって、億万長者になるって。認めて欲しいから、親にも安心して欲しいから。そんな真瑠子の奮闘を読みながら思うのは「ダメだよ!」より「こうして地獄に落ちていくのか〜」「こういう縁が繋がってくのね〜」っていう純粋な興味。しかもこの最終章とラスト…おいおい…

2021/06/26

ゼロ

ネットワークビジネスの真髄を見事に描き切っている傑作です。マルチは儲からないとは言うけれど、たまたま傘下に竹田がやってきて、HTFで健康マット、SBJNで空気清浄機、ディアトークンで仮想通貨を売り捌くのは天性の才能でしょう。このマルチの引き抜きや人間関係のゴタゴタを描き、最後に亜希菜からの告白を受ける真瑠子は、犯人のように感じました。被害者であり、加害者でもあるけれど、真瑠子は承認欲求が強く、自己正当化しやすい性格。またマルチをやるけど、本人は悪いとは思っていない。人間の闇を描いてる作品でした。

2021/11/07

NADIA

評判が高く、興味のあるテーマなので期待をしていた。うん、思った通りの展開だ。でもヒロインの真瑠子に全然感情移入できないままどんどん話が進んでしまう。まずいぞ、面白さを感じない(笑) ゆとりのある生活どころか、借金に追われて自転車操業するような状況になってもまだ目を覚まさないヒロインには呆れるばかりだ。エピローグのどんでん返しは有効だったが、抱いた感想は「やっぱりね。うまい話が転がり込んでくるわけがないよね。当たり前だよね」というもの。終始他人事なので「私も気をつけよう」とも感じなかった😟

2021/12/26

ゆみねこ

西尾潤さん、初読み。優秀な姉と可愛い妹の間で何の取り柄もなく自信もない鹿水真瑠子。そんな真瑠子がマルチと出会い承認欲求を満たされどんどん嵌まって行く。未知の世界、興味も関心もないビジネスの話を延々と読まされた感。長くてキツい読書でした。

2021/09/07

感想・レビューをもっと見る