読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

アミ 3度めの約束―愛はすべてをこえて (徳間文庫)

アミ 3度めの約束―愛はすべてをこえて (徳間文庫)

アミ 3度めの約束―愛はすべてをこえて (徳間文庫)

作家
エンリケ バリオス
さくらももこ
Enrique Barrios
石原 彰二
出版社
徳間書店
発売日
2005-09-01
ISBN
9784198923112
amazonで購入する

アミ 3度めの約束―愛はすべてをこえて (徳間文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

さと

語りは優しいものの私たちへのメッセージは深く広くなっていった。 『信じ切ること』 立ちはだかる障害は、神が私たちのその信念を試しているのである。『どうなると信じているのか?』と。そして『死』に関しての一節が最も心に残った。宇宙は自分たちの創造物が進化、成長して欲しいと願っているが、私たちは悲しいかなあらゆるものに執着している。それが進化、成長への妨げであるがゆえ、執着から自由になるためにまとっている服-肉体―を脱ぎ捨てる必要があるのだと。それが「死」である。「死」は神が我々に与えた最良の愛なのかもしれない

2015/11/10

p.ntsk

アミシリーズ第3弾。アミとの約束を果たし本を書いたペドゥリートはアミ、ビンカ、クラトに再会。ビンカと暮らす為の許しを貰いに叔父さんに元に行くが様々な試練が立ち塞がる。シリーズの一貫したテーマは高次な愛。この作品で言うところの愛とは与えるものであり執着とは別物としている。それは自身のエゴとの戦い。自由の発揮は必ず他者との相克を生む。自己犠牲に陥らず自由意志を発揮するには自己実現の向かう方向性と目的が問題となるのだろう。繰り返し読みたい3部作になりました。[共読反映の為]

2018/12/29

メルル

全ての人に愛を注ぎ、全ての人の幸せを考える。そんな素敵な世界になれば全ての人に心の平穏が訪れるのかな。私ももっと気持ちに余裕が欲しい。生き方や考え方を変えるのは難しい。そして正しいと思うことを主張することも難しい。愛があれば難しいことも変えられるのか。でもスポーツ観戦が好きなのでスポーツで生まれる闘争心が否定されることは寂しかった。

2015/10/14

るんるん

完結編。シルクが教えてくれる地球の人類の起源にロマンを感じる。起源に宇宙人の遺伝子がかかわっているとしたら、文明社会をもつ銀河系の一員となるべく生まれてきているとしたら、なんだか素敵だな。内面深くにひろがる宇宙。そんな絵に思いを馳せる読書も悪くない。ペドゥリートが抱く疑問に子どもたちにとっての普遍的な問いがある。学び知性を持つことによって感じはじめる周囲との違和感、それをのりこえ差別でも競争でもなく協調へたどり着く意志、アミから教えてもらうことがいっぱいあるように感じる。子どもだけでなく大人にとっても。

2016/05/28

3部作通して、本当にとても面白かった。読めば読むほど好きになってしまう素敵な愛の物語だと思う。最初は皮肉っぽく感じていたアミの話し方にも愛着が生まれ、今回はそのアミの余裕の無さに胸が痛んだり、人間味を感じたりとアミを大好きになっていった。ラストも大団円でのハッピーエンドで、本当に幸せだ。でも同時に、物語って問題の処理が簡単でいいなぁとも感じずにはいられない。愛する人と引き裂かれず一緒に暮らせるだなんて、わたしには夢のようで、ちょっと複雑な気分にもなってしまう。現実もこの世界のようならいいのに。

2014/03/09

感想・レビューをもっと見る