読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

アカネヒメ物語 (徳間文庫)

アカネヒメ物語 (徳間文庫)

アカネヒメ物語 (徳間文庫)

作家
村山早紀
出版社
徳間書店
発売日
2017-12-01
ISBN
9784198942915
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

もうすぐ四年生になる“はるひ”は、引っ越してきたばかりの町で、ふしぎな女の子と友だちになった。名前はアカネヒメ。公園の桜の木に五百年住みついている見習いの神様だとか。ふたりはある夜、「夜走るゆうれい」をおいかけていって、古いオルゴールを見つけた。そのオルゴールには、あるひみつがかくされていた。

アカネヒメ物語 (徳間文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんごろ

ヘロヘロで疲れた体の状態で、この作品を読んだら温かく優しく包みこんで、疲れをとってくれました。アカネヒメが、なにか小生意気だけど憎めない。はるひもとても素直。だから神様の姿が見えたんだね。アカネヒメとはるひを見てたら、永遠に絆が続くと信じられる。何かに疲れてる大人が読むと、疲れを癒しにかえてくれる、優しく温かい奇跡の物語でした。

2018/05/14

hirune

辛い悲しい場面もあるけど、基本優しい物語です。これはちょっとだけ SF要素が強いかも。お互い想い合うアカネヒメとはるひは再会を約束して別れたけれど、長い月日ののち 復活したアカネヒメは二人のはるひの生まれ変わりのようなあの子たちと巡り会えたのだから 想いは繋がりましたね(*´꒳`*)

2018/07/23

ポチ

桜の木を依り代にする神様“アカネヒメ”と小学生“はるひ”のとても暖かく優しい友情の話。読了後は、純粋だった子供の頃に戻れた様な気持ちになれました。しんごろさん、ありがとうございました。

2018/01/07

あつひめ

不思議な世界と言うより、心の中に置き忘れてきた懐かしい感じを受ける物語。もしも、もう一度子どもに戻れるならもっとたくさんの本を読めば良かった、大人のすすけた心ではなくまだ清らかな心で物語を読んで想像の世界を広げてみたかったとタラレバを思わずにはいられなかった。村山さんからのさりげなく優しい、でも鋭いところをついているような言葉が私を目覚めさせる。児童書と言えど侮れない。人間は気合いと気力。そうだな、自分から幸福を遠ざけてはだめだよね。悲しいことも辛いこと幸福の前座みたいなものかもな。心して人生を歩もう。

2018/10/16

ピロ麻呂

まだまだ未熟な神様のアカネヒメがかわいい!何百年生き続ける神様と一年一年成長していくハルヒちゃん。仲良しなのに、ずっと一緒にいられない…でも、それは人間同士でも同じ。出会いと別れを繰り返して成長していくんやよなぁ。優しい気持ちになれる素晴らしい作品でした。

2018/04/07

感想・レビューをもっと見る