読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

推しが武道館いってくれたら死ぬ 6 (リュウコミックス)

推しが武道館いってくれたら死ぬ 6 (リュウコミックス)

推しが武道館いってくれたら死ぬ 6 (リュウコミックス)

作家
平尾アウリ
出版社
徳間書店
発売日
2019-10-12
ISBN
9784199506895
amazonで購入する Kindle版を購入する

「推しが武道館いってくれたら死ぬ 6 (リュウコミックス)」の関連記事

「このガチオタっぷりは尊敬に値する」 アニメ「推しが武道館いってくれたら死ぬ」第1話、推しに全力な女オタク・えりぴよに共感の声続出!?

『推しが武道館いってくれたら死ぬ』6巻(平尾アウリ/徳間書店)  2020年1月9日(木)に、アニメ「推しが武道館いってくれたら死ぬ」の第1話が放送。地下アイドルを全力で応援する主人公・えりぴよの姿に、「何よりも推しが1番って気持ちがめっちゃ分かる」「ドルオタあるある満載すぎておもしろい」と共感の声が相次いでいる。  同アニメは、平尾アウリの漫画を原作としたアイドルオタクの物語。真っ赤なジャージでライブに通い続ける強烈な女オタク・えりぴよは、岡山で活躍するアイドル「ChamJam」のサーモンピンク担当・市井舞菜を推していた。ライブの最前列ではサーモンピンクのペンライトを振り、CDや握手券も大量に購入。しかし特典会では舞菜から“塩対応”されると悩んでいる。  ある日ChamJamの新曲が発売されることが決まり、次の特典会では新衣装でチェキが撮れることに。えりぴよはオタク仲間のくまささんと、チェキ券をゲットするために早朝から会場前に並ぶ。しかしこの日は猛暑日になってしまい、並んでいるオタクたちは全員汗だく。ようやくチェキ券を手に入れたえりぴよは、自分…

2020/1/15

全文を読む

関連記事をもっと見る

推しが武道館いってくれたら死ぬ 6 (リュウコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

わたー

★★★★★ビジネス百合だったのに、それを相手が理解したうえで、利用しようとした自分のために行動してくれるとか、最高かよ。この尊さの前にはノンケも裸足で百合に走るぜ。

2020/04/14

ニョンブーチョッパー

★★★★★ 最終巻だと勘違いしていたので続きがあると分かって嬉しい誤算。表紙のメインキャラ、まだ7人出てないよなと思ってたんだよね。目次にてwebでも公開されていることを知る。これは見ることにしよう。ここからはアフターTVアニメ。ステライツとの対バンがメイン。登場する女子が多い場面があるので、止め絵で舞菜や空音の髪の色が黒じゃなかったりするとちょっと「誰?」ってなって戸惑う。「ビジネス百合」「百合営業」って言葉を初めて知った。そういうの実際にあるだろうな。基さんのリアルはどうなっていくのか?

2020/04/26

とーちゃん

ライトにローカルアイドルを推したい。お金はねなかなか有限なので。。手が届かない存在だから推せることもあるしなぁ。

2020/04/21

ソラ

ちゃむが順調に成長していってるような(東京進出したり香川のアイドルと対バンしたり)。

2019/10/14

ともち

香川の人って桃太郎のことになると我を忘れちゃうの?(こわい…) 今回はキモいと言われ自分の在り方に悩む基くんが主人公かな。こういったきちんとしたストーリー仕立ていいね。好きです。 新しいアイドルグループが登場して、正直誰が誰なのか分からなくなったけど、今回のメインの百合の二人とか、センターなのに存在感が薄いセンターの子とか、桃太郎の事になると熱くなったりとか、面白いグループなので今後も出してほしい。

2019/10/16

感想・レビューをもっと見る