読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

人類が生きる場所としての宇宙 (シリーズ〈宇宙総合学〉 1)

人類が生きる場所としての宇宙 (シリーズ〈宇宙総合学〉 1)

人類が生きる場所としての宇宙 (シリーズ〈宇宙総合学〉 1)

作家
磯部 洋明
土井隆雄
坂東 麻衣
柴田一成
石原 昭彦
伊勢田哲治
小山 勝二
寺田 昌弘
京都大学宇宙総合学研究ユニット
出版社
朝倉書店
発売日
2019-12-10
ISBN
9784254155211
amazonで購入する

人類が生きる場所としての宇宙 (シリーズ〈宇宙総合学〉 1) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

zoe

人間が宇宙に行くこととは一体全体どういうことなのか。人が生きていくために必要なことを全て準備するということ。空気や食料、単にそれを支えるテクノロジーだけでなく、安全基準、新たな法律と膨らみ、支えるために倫理観さえ培っていく必要がある。

2020/10/17

感想・レビューをもっと見る