読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

きれいの手口 秋田美人と京美人の「美薬」 (潮新書)

きれいの手口 秋田美人と京美人の「美薬」 (潮新書)

きれいの手口 秋田美人と京美人の「美薬」 (潮新書)

作家
内館牧子
出版社
潮出版社
発売日
2019-07-05
ISBN
9784267021855
amazonで購入する Kindle版を購入する

きれいの手口 秋田美人と京美人の「美薬」 (潮新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

yuko nomoto

筆者は、「秋田の女は素の美人。京都の女は磨かれた美人」だと言う。その磨き方は、とても真似できないと感心するばかり。食事、緊張感、仕草、生き方、姿勢…。「時間がない。お金がない。もう年だから」。いろんな言い訳はあるけれど、手をかけないのはナチュラルではなく、単なる無精とも。耳が痛いけど、諦めるにはまだ早いかも。

2019/08/12

ころにゃん

秋田美人と京美人の2大ブランドの理由を探るお話。秋田美人の雪肌、京美人の立ち振る舞い。 美人の産地/気候・風土/食事/気質/緊張感/温泉効果/色気/仕草/女友達/生き方/方言・訛/加齢/お母さんをきれいに/髪美人/ほっそり体型/変わる顔/きれいな姿勢/女の中身/爪化粧/緑茶効果/着物/匂い/「美しい人」とは

2017/05/04

中身がある、ないの話が1番興味持った 1.世の中を知ること 2.根性が座ってること 3.少し意地が悪いこと 緊張感を持つこと 今時の子がみんな同じ顔の美人

2020/01/17

kinta

心の姿勢を正す、という言葉が湧いてきました。生殖活動としての「メス」の美しさではなく、「女性の矜持」を表すための美しさ。美の顕現、という言葉が浮かびましたよ。姿勢、肌、髪、そして心がけ。単純にして奥深い。

2019/10/15

ともち

無精を反省。内館さんの言葉は反省を促すものではありますが、傷つけるものではなく、いつも私の心にストンと落ちます。

2019/08/23

感想・レビューをもっと見る