読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

この国の不寛容の果てに:相模原事件と私たちの時代

この国の不寛容の果てに:相模原事件と私たちの時代

この国の不寛容の果てに:相模原事件と私たちの時代

作家
雨宮処凛
神戸 金史
熊谷晋一郎
岩永 直子
杉田俊介
森川すいめい
向谷地生良
出版社
大月書店
発売日
2019-09-16
ISBN
9784272330973
amazonで購入する Kindle版を購入する

この国の不寛容の果てに:相模原事件と私たちの時代 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ちえ

津久井やまゆり園の事件に関し雨宮氏と6人の方との対話。福生市の人工透析中止事件も話題に入り、新たに知る事や気づく事が多い。特に自閉的の息子を持ち、植松被告と面会を続けてきた新聞記者、神戸氏の言葉に重みを感じる〈彼には決定的に欠けているところがある。「障害者のお母さんがかわいそうだから代わりに殺してあげたのだ」と主張しても、実際にそのお母さんに「殺して欲しいですか」と聞いたわけではない。全部彼の頭の中の思い込みです…パニックを起こして走り回る子どもをどうすることも出来ないお母さんを見て大変そうだと思った…↓

2020/10/04

ゆう。

なんでも自己責任社会は、ネトウヨなどの排外主義と深く結びついている。生産性があるかないかで人々が評価され、自分であることが難しい社会。その延長線上に相模原事件があるのではないか。この本から学ぶことは多かった。

2019/10/20

イトノコ

障害者施設大量殺傷事件を承けた対談集。これまで私は、植松被告は施設で働いている間に障害者に恨みを抱くことがあり、それに適当な理由を繋げて事件を起こしたのだろうと思っていた。しかし本書を読んで思ったのは、彼も自分の事を「役に立たない存在」だと感じており、そこから「役に立つ存在」に昇華したいという願望に世間に広まる過激な言説がコネクトして、事件が起こったのではなかろうか。その背景にあるのは、世間の「標準」から外れた者を排斥・攻撃する空気だ。普通に働き、普通に結婚し、普通に子供を産み育てる、と言うような標準。

2020/02/23

ophiuchi

相模原事件が起きたとき、もちろん事件自体がショックだったが、首相や官房長官が植松の考えを一切否定しなかったことに驚いた(障害者差別解消法が施行されたばかりだったが、そのことへの言及もなかった)。先日のあいちトリエンナーレへの補助金不交付決定を見ても、現政権が差別をする側に立っていることは明らかだ。この本に書かれている「当事者研究」に取り組む対談者たちや、れいわ新選組の二人の参議院議員が、彼らへの対立軸となりつつあることに希望を見出そう。

2019/10/31

塩崎ツトム

どの対談もよかったが、杉田俊介さんとの対談が、自分の日ごろ漠然と考えていることと合致していた。

2019/12/27

感想・レビューをもっと見る