読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

「あいだ」の思想:セパレーションからリレーションへ

「あいだ」の思想:セパレーションからリレーションへ

「あいだ」の思想:セパレーションからリレーションへ

作家
高橋源一郎
辻信一
出版社
大月書店
発売日
2021-06-18
ISBN
9784272431052
amazonで購入する Kindle版を購入する

「あいだ」の思想:セパレーションからリレーションへ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

田氏

思考マニアというか中毒者というか、そんなタッグで検討してきた「弱さ」「雑」に続いての、三部作完結編。「あいだ」という一語に、さまざまな思考が磁力のように吸い付けられていく。自他境界やら、AでもBでもない領域とか、AでもBでもあるスペクトラムとか。さまざまな「あいだ」を検討するうち、話は社会や文化における関係性としての「あいだ」に集約されていく。その盛り上がりはさすがの左派論客といった感。そういえばこの対談、一冊を通して良し悪しの価値評価がほとんど見られない。右も左も悪者探しの昨今からすると超然としている。

2021/07/18

Go Extreme

さまざまな「あいだ」:「あいだ」の意味 文章に「あいだ」をつくる 時代の「あいだ」を生きた人たち 自由 「あいだ」を広げる2つの視点:自分の中に「あいだ」をつくる 空間の「あいだ」人々の「あいだ」 「あいだ」は愛だ:2人の提起を受けて 「あいだ」は愛だと言えるか 家族にも「あいだ」が必要 「あいだ」で読み解くコロナの時代:「不要不急」と「あいだ」 自分と他者の「あいだ」―わからなさに耐える 数学からほんの世界へ 「弱さ」×「雑」×「あいだ」:死者のことばは代弁できるのか 文学と雑音 「あいだ」と自由

2021/07/14

感想・レビューをもっと見る