読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

仕事と子育てが大変すぎてリアルに泣いているママたちへ! (日経DUALの本)

仕事と子育てが大変すぎてリアルに泣いているママたちへ! (日経DUALの本)

仕事と子育てが大変すぎてリアルに泣いているママたちへ! (日経DUALの本)

作家
小島慶子
出版社
日経BP
発売日
2019-11-14
ISBN
9784296104581
amazonで購入する Kindle版を購入する

「仕事と子育てが大変すぎてリアルに泣いているママたちへ! (日経DUALの本)」のおすすめレビュー

「リアルに泣く」ほど仕事と育児でツライ気持ち、思い切り吐き出してください! 小島慶子の子育てエッセイ

『仕事と子育てが大変すぎてリアルに泣いているママたちへ!』(小島慶子/日経BP)

 タイトルで「……あっ、私のことだ!」と思った方、ぜひ読んでください。『仕事と子育てが大変すぎてリアルに泣いているママたちへ!』(小島慶子/日経BP)。

 著者は元アナウンサーであり、現在はエッセイスト、タレントとして活躍している小島慶子さん。小島さんは現在、夫と息子二人の四人家族でオーストラリアのパースで暮らしている。

 本書は、そんな小島さんが綴る子育てエッセイなのだが、

「働きながら家族と生きる」という人としてごく当たり前のことが、なんでこんなに難しいのだろう。そんな世の中、おかしくないか?

 という想いが、連載の根底にあったのだそう(本書は『日経DUAL』の記事を加筆修正し、新たな記事を加えたもの)。

 本書を読むまで、私は小島さんに「カッコイイキャリアウーマン」というイメージを持っており、この本の内容も「どうやったら夫婦円満で、効率よく、スマートに家事育児ができるのか(しかも私、海外で子育てしてる意識高い系です)」的な「自己啓発おしゃれエッセイ」なのかと思っていた。

 …

2020/1/15

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

仕事と子育てが大変すぎてリアルに泣いているママたちへ! (日経DUALの本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぽじ

寂しいときに一緒に同じ思いをしている人がいるかどうかってこと。まさにそうだと思う!保育園に預かってもらって、寂しいのは子どもだけじゃない。パパもママも!だからこそ会えた時に喜びを伝えあうことが大切(^^)うん、うちはできてるできてる。。家族四人がなんとか生きていければ十分!力強くて良本でした(^^)★

2020/01/26

MI

◎セキララで読み応えがありました 夫婦っていろんなカタチがあるのだと改めて納得 うちにはうちの子育てですね

2020/01/07

星野マリエ

Twitterで気になって読んだ本。中学生、高校生を育てる小島さんだからこそ言えるこれまでの経験談が参考になった。 小さい子供を預けて働いていることに、悩んだり罪悪感を感じたりしていたけど、そんな必要はないんだなとも思える一冊だった。 色んな人生があるので、子供を育てることが全てとは言わない。ただ、子育て中でしんどい思いをしている夫婦には、子育ては大変だけど濃密な日々を送れるんだと改めて気付かされる内容だと思う。

2019/11/29

感想・レビューをもっと見る