読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

365日のほん

365日のほん

365日のほん

作家
辻山良雄
出版社
河出書房新社
発売日
2017-11-22
ISBN
9784309026343
amazonで購入する

365日のほん / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

かりさ

365日春夏秋冬12ヶ月、季節とともに巡る日々を本で彩る。辻山さんの膨大な本の知識と愛に溢れた本への想いに触れてますます大切な本になりました。読了ではなく、これからもそばに置いて素晴らしい出会いの指南書になってくれるでしょう。ころんと可愛くて手に馴染む素敵な『365日のほん』です。

2017/12/21

ぶんこ

小さいけれど分厚くて可愛らしい造形の本。1年365日春夏秋冬に分けて本が紹介されているのですが、紹介文が短いのに的確で、思わず読みたい本に登録・・が増えました。いつも感想を書くのに四苦八苦している身にはお手本となる素晴らしさでした。手元に置いておきたい愛しい本。

2018/06/18

アクビちゃん

【図書館】title店主の辻山良雄さんによる365冊の本の紹介本です。辻山さんの言葉が、押し付けがましくなく、サラリとしているけれども、優しくて、全ての本が読みたくなるから不思議(笑)こんな風に本を紹介できる能力が欲しい! あまり小説以外は読まないけれども、だからこそ、この本を買って色々と読んでみようかな~ꈍ◡ꈍ♡ 手元に置いておきたい本です。

2018/05/10

ユメ

本屋Title店主による、一日一冊の本を紹介するブックガイド。辻山さんが一冊一冊によせる言葉に、本への汲めども尽きぬ愛情を感じ、「この人の紹介する本なら手を伸ばしてみたい」という信頼が生まれた。本を紹介するという意義だけでなく、その文章そのものにこのような深い感動を湛えたブックガイドは初めてだ。星の数ほどある書物の海でたしかな指針となってくれるこのような本と出合えたことが心強く、あまりの安堵感に泣きたくなる。「出合ったときが、その人にとっての新刊だ」という言葉を胸に、365日、古今東西の名著を開きたい。

2018/04/04

る*る*る

荻窪にある「Title」という本屋店主の、365日分の本を四季に分けた紹介本。哲学から絵本まで。新刊も交えて幅広く紹介されていていい。短い紹介文で読みたい!と思える本が沢山あった。絵本の紹介文がカッコいい!「出合ったときが、その人にとっての新刊だ」「本は誰かに読まれることで、はじめてその本になります。…(つづく)」

2018/01/12

感想・レビューをもっと見る