読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

古道具ニコニコ堂です

古道具ニコニコ堂です

古道具ニコニコ堂です

作家
長嶋康郎
出版社
河出書房新社
発売日
2004-06-16
ISBN
9784309204123
amazonで購入する

古道具ニコニコ堂です / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あつひめ

ニコニコ通信・・・昔懐かしいガリ版印刷を思い出した。商売は関係なく心から・・・というか口から目からありとあらゆるところから溢れたものを書き込んだって感じで???のものもあれば文学が書けないといいながらぶっ飛びな文章をいくつも書いている。まるき美術店をまるで美術店にしちゃうあたりは、只者ではないところを見せ付けている。味のある1冊だった。活字のインクの色もなんかこの作品に合っているような気がした。

2012/03/14

hirune

古道具屋さんの変わった店主が変わったお客さんやら何やらのことを書いた変わったエッセイ。店主さんが作っているニコニコ通信というお客さん向けの書き物が手書きのまま載っている。細かい字が読みづらいけど結構面白い。ヤスロー伝というのが作者さん自身のことと途中まで気づかなかった^^;雑誌に文通相手を募集するコーナーがあるとか懐かしかったな☆

2015/04/30

Ayumi

何気なく借りて読んだ本だけど、なんとも言えないエピソードが詰まっていて面白かった!やっぱり『まるで美術店』のくだりで一番笑ったかな(^O^)ほのぼの癒されました。

2014/05/11

とよかわ

佐野洋子のエッセイで存在を知ったニコニコ堂。「まるき美術店」という古美術のお店のあとに居抜きに入ったのだが、カンバンはそのままで一文字だけ変えて「まるで美術店」とした、って話がサイコー。筆ペンの書き文字とイラストが味わい深い。

2010/02/15

さくは

古道具屋にやってくる風変わりな人物たちについて書かれている。古道具のうんちくはまったく無しのエッセイ。手書きのニコニコ通信も掲載されている。

2015/02/02

感想・レビューをもっと見る