読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

萩尾望都がいる (光文社新書 1212)

萩尾望都がいる (光文社新書 1212)

萩尾望都がいる (光文社新書 1212)

作家
長山靖生
出版社
光文社
発売日
2022-07-12
ISBN
9784334046200
amazonで購入する Kindle版を購入する

萩尾望都がいる (光文社新書 1212) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

パトラッシュ

萩尾望都は目につく限り読んできたが断片的になりがちで、作者の意図を汲んだり作品成立のプロセスを把握しながらとはいかない。家にある限りの萩尾本を集めて取り上げられた作品を参照しながら読んだが、映画やヘッセの影響、竹宮惠子との葛藤に絵のテクニックなどを明快に解説し、親子関係やジェンダーなど時代の抱える問題の影響も指摘して「なぜ萩尾さんはこの時期のこの作品を描いたのか」が系統的に理解できる展開だ。漫画史上での立場や文学的な方向性にも目配りを怠らず、戦後日本の代表的な表現者として萩尾望都を位置付けようとしている。

2022/08/28

ぐうぐう

残念な一冊だ。「はじめに」の中で、萩尾望都の革新性を伝えようとして、他者を安易に引き合いに出す手法に危うさを覚えたのだが、予感が的中してしまった。そのような下品な手法を用いる必要がないことは、萩尾の作品を丁寧に読み解き、その素晴らしさを理解していればわかりそうなものなのに。特に、24年組をめぐる考察、中でも竹宮惠子との確執を利用して萩尾の正当性を主張する章には、げんなりとさせられた(萩尾が辛い思いをして語り下ろした『一度きりの大泉の話』をきちんと読めば、(つづく)

2022/08/22

maimai

的確な萩尾望都論であると同時に熱烈な萩尾望都へのラブレター。しかし、その両者は必ずしも両立しない。というより、一般論で言えばとても両立しそうにないものが、本書では奇跡的に一部で両立している。ただし、大泉での一件やその周辺の記述にはやや疑問符がつく。概ね著者の指摘が正しかろうとは思うが、文章のあちこちから竹宮氏攻撃の感情が溢れてしまうところが、なんとも。一方で、いわゆる「24年組」とか「少女マンガ革命」といった竹宮サイドの言説に丁寧に批判を加えることで、少女マンガ史を冷静にとらえ直す結果ともなった。好著。

2022/09/13

psy

とても面白かったです。作者の方は本業は歯科医さんだそうで、凄いですね。萩尾さんの作品はもちろん、生い立ち、背景等なども描かれ、大変興味深かったです。まだ読んでない萩尾作品結構あるので、読まなきゃーな気になります。バレエものの作品にももーちょい触れてほしかった気がしましたが、まあしょうがないかなあとか。タイトル、やっぱ萩尾望都がいる! のが良かったですが、無理だったのでしょか。

2022/07/31

NAGISAN

女性向けコミック誌を広げて読むのが憚られた時代に生きてきたので、活字で紹介された本を読んだことはあるけれど、漫画は読んだことがない。『ポーの一族』からでも読んでみようかなと思う。

2022/08/31

感想・レビューをもっと見る