KADOKAWA Group

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

泉鏡花

職業・肩書き
作家
ふりがな
いずみ・きょうか

「泉鏡花」のおすすめ記事・レビュー

泉鏡花『外科室』後編 【連載】超訳マンガ×オチがすごい文豪ミステリー 第10話

泉鏡花『外科室』後編 【連載】超訳マンガ×オチがすごい文豪ミステリー 第10話

『文豪ストレイドッグス』原作・朝霧カフカとLINEマンガ『黒脳シンドローム』・石川オレオの共演!! 江戸川乱歩に太宰治、泉鏡花など日本人が熱狂した文豪たちによる、珠玉のミステリーが超訳マンガに! 「オチがすごい」の観点で選び抜かれたラインナップを、読みやすい超訳マンガにしてぎゅっと詰め込みました。 ドキドキ、ハラハラ、まさかのオチ。鬼才たちによる読者をダマす超絶技巧、存分に味わってください。

前編はこちら

【作者プロフィール】 朝霧 カフカ シナリオライター。『文豪ストレイドッグス』『汐ノ宮綾音は間違えない。』『水瀬陽夢と本当はこわいクトゥルフ神話』のコミックス原作を手がける。「文豪ストレイドッグス」は自らスピンオフ小説を執筆し、角川ビーンズ文庫よりシリーズが刊行されている。ほかの著書に『ギルドレ』がある。

石川 オレオ 漫画家。LINEマンガ『黒脳シンドローム』にてデビュー。同作品はLINEマンガで連載閲覧回数がミステリー・ホラー部門第1位となり、注目を集める。

全文を読む

泉鏡花『外科室』前編 【連載】超訳マンガ×オチがすごい文豪ミステリー 第9話

泉鏡花『外科室』前編 【連載】超訳マンガ×オチがすごい文豪ミステリー 第9話

『文豪ストレイドッグス』原作・朝霧カフカとLINEマンガ『黒脳シンドローム』・石川オレオの共演!! 江戸川乱歩に太宰治、泉鏡花など日本人が熱狂した文豪たちによる、珠玉のミステリーが超訳マンガに! 「オチがすごい」の観点で選び抜かれたラインナップを、読みやすい超訳マンガにしてぎゅっと詰め込みました。 ドキドキ、ハラハラ、まさかのオチ。鬼才たちによる読者をダマす超絶技巧、存分に味わってください。

【作者プロフィール】 朝霧 カフカ シナリオライター。『文豪ストレイドッグス』『汐ノ宮綾音は間違えない。』『水瀬陽夢と本当はこわいクトゥルフ神話』のコミックス原作を手がける。「文豪ストレイドッグス」は自らスピンオフ小説を執筆し、角川ビーンズ文庫よりシリーズが刊行されている。ほかの著書に『ギルドレ』がある。

石川 オレオ 漫画家。LINEマンガ『黒脳シンドローム』にてデビュー。同作品はLINEマンガで連載閲覧回数がミステリー・ホラー部門第1位となり、注目を集める。

全文を読む

「怖くて不思議な文学展」開催 東雅夫講演、京極夏彦展も

「怖くて不思議な文学展」開催 東雅夫講演、京極夏彦展も

『怪談えほん いるの いないの』(作:京極夏彦 画:町田尚子/岩崎書店)

 香川県高松市の菊池寛記念館にて、菊池寛記念館第23回文学展として「怖くて不思議な文学展」が開催される。

「文学の極意は怪談である」―詩人で作家の佐藤春夫が語ったとされる言葉だ。この言葉を裏付けるように、夏目漱石や太宰治など日本文学史に名を残す作家達の多くが、怪談や怪奇幻想小説を執筆している。中でも、作家や画家、役者を集めて百物語怪談会を開催した泉鏡花や、化物の絵を描き、家族や友人から怪談を蒐集した芥川龍之介などは、熱心な怪談愛好家だったという。

 同展では、小泉八雲「おしどり」の草稿や谷崎潤一郎「人魚の嘆き」の草稿など、明治から現代までの作家達が生み出した怖くて不思議な文学や、作家と怪談の様々なエピソードを紹介する。そのほか、岩崎書店の「怪談えほん」シリーズの原画なども展示される。

 開催期間は2014年7月26日(土)から8月31日(土)。初日には、アンソロジストで怪談専門誌『幽』の編集長でもある東雅夫氏による「菊池寛と怪談の時代」と題した講演が行われ、その他にも期間中は「街頭…

全文を読む

「西荻 一箱古本市」開催 ビブリオバトル、東雅夫トークイベントも

「西荻 一箱古本市」開催 ビブリオバトル、東雅夫トークイベントも

 2013年11月3日(日)と4日(月祝)の2日間、西荻窪で3回目となる「西荻 一箱古本市」が開催される。

 3日は駅北側の西荻北4丁目界隈で約25の「一箱古本市」がたち、西荻北の2つの商店会主催でイベントが開催されるほか、古本屋の店主が「まちと本屋さん」について熱く語るトークイベントが開催される。4日は南側の「松庵文庫」にての開催となり、文芸評論家でアンソロジストの東雅夫氏のトークイベントや書評合戦「ビブリオバトル」が開催される。

 東雅夫氏のトークイベントでは、幻想作家・泉鏡花の140回目の誕生日を記念して、鏡花が遺した400篇近い全文業の中から今最も注目すべきベスト10作品を紹介・解説する。

●開催概要 <11月3日> 一箱古本市 開催時間:11:30~17:00 場所:西荻窪駅の北西、伏見通りをまっすぐ行った西荻北4丁目界隈

トークショー 開催時間:19:00~20:30 『古書 音羽館』店主 広瀬洋一氏×『石神井書林』店主 内堀弘氏 場所:かがやき亭 料金:1000円(1drinkつき)  定員:40名(先着順) 申し込み:KISSCAFE公…

全文を読む

泉鏡花作品を朗読・演奏するイベント ゲストに京極夏彦氏

泉鏡花作品を朗読・演奏するイベント ゲストに京極夏彦氏

「朗読幻奏【姫と鬼】」

 2012年に、スガダイロー(Pf)、日比谷カタン(Gt・朗読)、石井千鶴(小鼓・朗読)という異色ユニットによりおこなわれた、朗読演奏会「泉鏡花ナイト」。その発展形ともいえるイベント「朗読幻奏【姫と鬼】」がゲストに作家・京極夏彦を迎えて開催される。

 朗読されるのは、泉鏡花「天守物語」と、京極夏彦「鬼縁」。 「天守物語」は泉鏡花が1971年9月『新小説』誌上に発表した名作戯曲。姫路白鷺城の天守閣に君臨する妖姫は、城主の鷹を追って禁断の天守に踏み込んだ若侍・図書之助と恋に落ちる。「鬼縁」は怪談専門誌『幽』18号に発表した短編小説。「鬼談」と銘打つ連作の一篇。現代小説と時代小説の形式で、それぞれに「息子の腕を切断する」ことに憑かれた父親と家族の物語が平行し、鬼気せまる筆致で展開する。

 最近は怪談文芸や幻想文学系の朗読イベントが増えているという。しかしその中でもとりわけ異彩を放つこのイベント、ぜひ参加してみてはいかがだろうか。

■イベント概要 「朗読幻奏【姫と鬼】」 開催日:2013年7月28日(日) 時間:19時会場 19時半開演

全文を読む

注目の新刊 『絵本 化鳥』 ダ・ヴィンチ2013年1月号

注目の新刊 『絵本 化鳥』 ダ・ヴィンチ2013年1月号

「おばけずき」として知られた文豪・泉鏡花初期の代表作を、気鋭の画家が完全絵本化。この世ならぬものたちが次々に現れる幻想的な作品世界を、カラフルな“和ポップ”イラストが巧みに再現している。鏡花文学への入り口としても最適の、妖しくも美しい幻視の絵物語。

全文を読む

僧侶イラストレーターが描く泉鏡花の世界

僧侶イラストレーターが描く泉鏡花の世界

「泉鏡花文学賞」制定40周年を記念して泉鏡花の初期の傑作である「化鳥」が絵本化された。僧侶でもある中川学氏がイラストを手がけている。  中川氏は『週刊文春』に掲載している万城目学氏の連載小説『とっぴんぱらり』の装画も担当し、仏画なども手がけているという。

 絵本『化鳥』は「泉鏡花文学賞」と同じく創業40周年を迎える国書刊行会から刊行され、監修を務めるのは怪談雑誌『幽』の編集長でアンソロジストの東雅夫氏。中川氏本人は「イラスト屋人生の、ある到達点」とコメントしている。泉鏡花の幻想的な世界を捉えた美しい絵本となっている。

 そしてその刊行を記念して金沢の泉鏡花記念館では「泉鏡花×中川学 絵本『化鳥』原画展」が開催されている。展示会は3期に分かれて行われイラストは全て入れ替えられる。現在は第2期を開催中。展示会そのものは2012年12月16日(日)まで開催されている。泉鏡花の精神世界をさまようかのような色鮮やかな原画が展示されている。

●展示会概要 「泉鏡花×中川学 絵本『化鳥』原画展」 日程:2012年9月29日(土)~12月16日(日) 開館時間:9:…

全文を読む

注目の新刊 『おばけずき 泉鏡花怪異小品集』 ダ・ヴィンチ2012年8月号

注目の新刊 『おばけずき 泉鏡花怪異小品集』 ダ・ヴィンチ2012年8月号

『高野聖』で知られる文豪・泉鏡花は無類の「おばけずき」でもあった。本書は怪異を扱った小品にスポットを当て、豊かな幻想怪奇の世界に誘うユニークなアンソロジー。小説はもちろん、随筆、談話なども収録。これから鏡花を読んでみようという人には最適の入門書だ。

全文を読む

「泉鏡花」のおすすめ記事をもっと見る

「泉鏡花」のレビュー・書評をもっと見る

「泉鏡花」の本・小説

絵本の春

絵本の春

作家
泉鏡花
金井田英津子
出版社
朝日出版社
発売日
2020-06-11
ISBN
9784255011868
作品情報を見る
本当にさらさら読める!現代語訳版 泉鏡花 [怪異・幻想]傑作選

本当にさらさら読める!現代語訳版 泉鏡花 [怪異・幻想]傑作選

作家
泉鏡花
秋山 稔
白水銀雪
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-08-30
ISBN
9784049126266
作品情報を見る
薄紅梅 (中公文庫 い 58-1)

薄紅梅 (中公文庫 い 58-1)

作家
泉鏡花
出版社
中央公論新社
発売日
1993-02-01
ISBN
9784122019713
作品情報を見る
文豪死す

文豪死す

作家
芥川龍之介
太宰治
梶井基次郎
中島敦
夢野久作
泉鏡花
出版社
新紀元社
発売日
2024-04-25
ISBN
9784775321362
作品情報を見る
外科室・天守物語 (新潮文庫 い 6-3)

外科室・天守物語 (新潮文庫 い 6-3)

作家
泉鏡花
出版社
新潮社
発売日
2023-10-30
ISBN
9784101056050
作品情報を見る
怪猫鬼談

怪猫鬼談

作家
泉鏡花
水木しげる
柴田 宵曲
三田村鳶魚
田中 文雄
森真沙子
出久根達郎
内田百けん
山村 正夫
中井英夫
岡本綺堂
吉田知子
花田清輝
菊地秀行
別役実
倉橋由美子
光瀬龍
北原白秋
出版社
人類文化社
発売日
1999-11-01
ISBN
9784756711878
作品情報を見る
売色鴨南蛮

売色鴨南蛮

作家
泉鏡花
出版社
青空文庫POD
発売日
2014-12-22
ISBN
9784802002516
作品情報を見る

「泉鏡花」人気の作品ランキングをもっと見る

「泉鏡花」の関連画像・写真

「泉鏡花」の関連画像・写真をもっと見る