読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

棟居刑事の代行人 (光文社文庫)

棟居刑事の代行人 (光文社文庫)

棟居刑事の代行人 (光文社文庫)

作家
森村誠一
出版社
光文社
発売日
2019-10-10
ISBN
9784334779214
amazonで購入する

棟居刑事の代行人 (光文社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ひつじパパ

最後は素敵なラブストーリーで終わりましたね。当初、降矢は仕事と私生活を混同させてはいけないと、強く意識していたのに、一番大切な亡くなった瑠璃を志織に求めてしまって、だんだんとどちらを愛しているのか、わからなくなってしまった。でも、最後に志織自身を見つめて生きていこうと決意出来て良かった。社名もその決意のもと、すぐに一新してほしい。話の展開としては、面白かった。何か、降矢代行事務所のメンバー達が、忍者のように敵と戦うシーンが面白かった。

2020/06/15

感想・レビューをもっと見る