読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

Big Fat Cat GOES TO TOWN

Big Fat Cat GOES TO TOWN

Big Fat Cat GOES TO TOWN

作家
向山貴彦
たかしまてつを
出版社
幻冬舎
発売日
2003-02-10
ISBN
9784344002821
amazonで購入する

Big Fat Cat GOES TO TOWN / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ねこまんま

なんてこった!災難続きのエド、これからいったいどうなるのか、続きを読まないわけにはいかない。それにしても、エド、飼ってるネコに名前くらいつけてやれよ・・・・・。私は脳内で「マツコ」と変換しています。

2016/07/13

HiroNuma7

BigFatCatシリーズ第2弾。前作で、お店兼自宅を失った主人公エド。全てを失った主人公に残っているのは、大きな太った猫1匹。新天地で、お店を持つことを夢見る主人公が出会ったのは、ライバル?今回のラストも衝撃的な展開が待っています。エドとBigFatCatの仲は、まだ良くありませんが、今後良くなるのでしょうか。気になります。前回より少しだけ背伸びした文章で構成されているため、無理なく読み進められます。ボリュームは少ないですが、英文の物語を読むことが苦手な読者には丁度良い量だと思います。

2016/09/16

すやすや

This is a tragedy.Ed is miserable. I want him to be happy. He just wants to run pie shop. I guess this unfortunate comes from big fat cat. Coincidentally the color of cat seems black.I look forward to reading next story.

2015/11/24

junkty@灯れ松明の火

店を失ったエドに更に追討ちのような出来事が。捨てる神あれば拾う神あり…と思いきやまさかの展開。もともとは英語の学習用に読み始たシリーズですが、純粋に話が面白い。続きが気になる〜!

2012/02/29

かぴ豆

世界一簡単な英語の本という噂を聞いて。英語はからきし駄目でもすらすら読めた。パイ職人のエドが不憫で猫がふてぶてしい。一人と一匹はこれからどうなる。

2013/08/05

感想・レビューをもっと見る