読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

Dr.インクの星空キネマ

Dr.インクの星空キネマ

Dr.インクの星空キネマ

作家
にしのあきひろ
出版社
幻冬舎
発売日
2009-01-01
ISBN
9784344016101
amazonで購入する

ジャンル

Dr.インクの星空キネマ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

❁かな❁

キングコングの西野亮廣さんの作品。初めて読みました♪絵が上手いのは少しは知っていましたが、半端じゃない画力にびっくり!!すごく細かくペンで描かれていて、好みの絵かと聞かれると本来は好みの絵のタッチではないのにも関わらず、スゴイって素直に思ってしまうような絵でした★かなり繊細で個性的な絵で西野さんの芸術的センスの凄さに感動し、お話も切なく優しくファンタジー溢れる作品に惹きこまれました*西野さん自身が子供の頃に疑問に思っていたことの答えが書かれています!4つのお話で全て繋がりがあり素敵な連作短編集でした☆

2015/06/06

aquamarine

キングコングの西野さんの絵本。ものすごく緻密な絵を大変な時間をかけて描かれることはテレビなどで見て知っていましたが、こうやって絵本の形で目にすると圧倒されます。ストーリーは独特の世界観を持っていて、それぞれ少し不思議なストーリーが、ふんわりと繋がっています。正直、これは話に相当好き嫌いがあると思うし、絵本といっても子供向けではないと思います。でも私はとても好きでした。また、あとがきにあった子供の自分へのアンサーブックという話は心を打たれました。常識でしか子供と向き合ってこなかった自分に、ちょっと反省です。

2017/01/20

Emperor

「上から作ったのです」。西野さん、かっこよくて泣けてくるぜ。

2018/10/16

リコリス

イラストの細かさもすごいけど、あっ、この音は!この少女は!とリンクしていくストーリーも面白く前に戻って確認してしまった。「子供に質問された時に素敵な作り話を添えて答えてあげられる大人でありたい」という夢のある思いから子供の頃自分が不思議に思った事へのアンサーブックとして作ったというこの絵本。「私はどこにだって行ける。たまに迷子になるけどね。そして君もどこにだって行けるよ」というメッセージも込められている。看板の文字もさすが芸人さん!面白い見応え読み応えのある熱い絵本です。

2019/03/28

あっか

西野さん初の著作。全てモノクロで描かれた絵本です。4つの短編絵本から成っているのですが、最後に全て繋がっていたことが分かる点は、正に連作短編小説のよう。絵本と言っても独特の世界観で、あまり子ども向けとは言えないかも?大人にあの頃の気持ちを思い出させてくれる、そんな本です。モノクロですがとにかく書き込みが細かく、芸術性が高いのでじっくり眺めたくなってしまいます。芸人さんの名前を発見するのも面白い!最初と最後の絵のタッチが違うことから、本当に長い時間をかけて作られたんだということが分かります。

2018/01/28

感想・レビューをもっと見る