読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

作家
西野亮廣
出版社
幻冬舎
発売日
2017-10-04
ISBN
9784344031555
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

クラウドファンディングで国内歴代最高となる総額1億円を個人で調達し、絵本『えんとつ町のプペル』を作り、30万部突破のメガヒットへと導いた天才クリエイターが語る、"現代のお金の作り方と使い方"と最強の広告戦略、そして、これからの時代の働き方。

「革命のファンファーレ 現代のお金と広告」のおすすめレビュー

アンチを手放さない…西野亮廣、話題のベストセラー『えんとつ町のプペル』成功の裏側をつづった『革命のファンファーレ』

『革命のファンファーレ』(西野亮廣/幻冬舎)

 お笑い芸人・キングコングの西野亮廣さんが出版した絵本『えんとつ町のプペル』(幻冬舎)は炎上騒ぎを勃発させながら、計32万部の大ヒットとなった。クラウドファンディングで5000万円以上を調達したこと、無料公開したこと、他にも様々な新しい挑戦によって生み出されたこの絵本は、絵本業界やクリエイター業界に風穴を開けたと言っても過言ではない。

 『革命のファンファーレ』(西野亮廣/幻冬舎)は、なぜ『えんとつ町のプペル』が成功したのか、これからの時代、どのように仕事やお金と付き合うべきかについて語った1冊だ。本記事では本書の内容の一部を要約してご紹介したい。

■クラウドファンディングとは信用を現金化する装置

『えんとつ町のプペル』の制作において、クラウドファンディングで資金を集めたことが話題になった。西野さんによると、クラウドファンディングとは信用を現金化する装置だそうだ。そして本書が説く「信用」とは、ウソをつく人かどうか。たとえば、ゲス不倫で話題になったベッキーさん。彼女が「絵本を作るためにクラウドファンディングし…

2017/10/19

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る