読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

あたしたちよくやってる

あたしたちよくやってる

あたしたちよくやってる

作家
山内マリコ
出版社
幻冬舎
発売日
2019-03-14
ISBN
9784344034433
amazonで購入する Kindle版を購入する

「あたしたちよくやってる」のおすすめレビュー

「女の子らしく」「適齢期になれば結婚」を見つめ直す――“様々な生きづらさ”からの解放を描く『あたしたちよくやってる』

『あたしたちよくやってる』(山内マリコ/幻冬舎)

 周囲の目を気にせず「自分の希望する道を突き進もう!」と決意しても、それは時としてとても困難なことであるように思う。キャリア、結婚、出産――。20代後半で、これらのライフイベントのことを考えると、必ず「年齢」や「世間的な体裁」で大いに悩んだ記憶がある。加えて、両親が孫の顔を見ることを楽しみにしている現実や、周囲がどんどん結婚して、子育てを開始する様子を見ていると、自分の夢や自信など、いともたやすくポキッと折れてしまうのだ。自分の人生のはずなのに……。

 山内マリコさんの『あたしたちよくやってる』(幻冬舎)は、そんな女性たちの悩みや不安に向き合いつつも、これまで「常識」とされていた生き方に疑問を呈することで、呪縛から解放してくれるような爽快さを持つ短編+エッセイ33編が収録されている。

 本書は、最初に登場する短編「How old are you?(あなたいくつ?)」から、ハートを揺さぶる名言が連発で、しばし呆然となった。

 物語は「あたしって本当はパンクな女の子だったんだよ」とつき合って2年の彼氏に「あ…

2019/3/31

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

あたしたちよくやってる / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

みどり虫📖ƪ ( ˙Θ˙ )

エッセイと短編が混ざり合った編集だけど、スラスラ読める。女の子であるとか、女であるとかより以前に、あなたはあなたでいいんんじゃない?って言ってくれてるような一冊。しずかちゃんの話、泣きそうになっちゃった。しずかちゃんも、ざんちも、あたしたちよくやってる(*´꒳`*)

2019/05/12

ででんでん

お気に入りさんが書いておられる通り、抱き締めたくなるような本。どこもかしこも共感だらけ。「自分の運命を知って」いる、しずかちゃんには泣かされた。こどもの頃から似たようなことを思ってきたな…。もっと思いきり、力の限り、全部ちぎって飛び出していきたいと。それでも今は幸せだが、さらに、「何かを主張する事も、人目を気にする事もなく、年老いた自分をひたすら楽しむ」ことができるように。そして最後の遅咲きDJが最高に爽快でかっこいい🎵「あたしは大器晩成型だから、その分先は短いもんで、過去に浸ってる時間なんてないのさ」

2019/06/20

シナモン

図書館本。ショートストーリーとエッセイ集。女の子、女性の生きづらさを描いたものが多いのかな。それがタイトルの「よくやってる」につながるのだろう。ほんと、みんなよくがんばってる。ドラえもんをしずかちゃん目線で語った物語が面白かった。「目標と一緒にご褒美を用意する」この部分は多いに共感です。さらっと読める一冊でした。

2019/09/11

えりこんぐ🐤

ショートストーリーとエッセイで、山内マリコの世界にどっぷり浸かれる一冊✨ しずかちゃんの本音、留学生から見た日本、ミニタイムスリップの話が笑えた。女の子、女性、女..あたしたち本当によくやってるよ! これ男性は楽しめる人あまりいなそうw

2019/06/04

yanae

目から鱗が落ちまくり!すごい力のある作品だと思いました。エッセイと小説が両方入った面白い一冊。社会から求められる女性像とは。そんなのほんとの自分なの?縛られないでいいんだよ。っていう強いメッセージ。特にライクアガールとドラえもんのパロディが強烈な印象。女の子のように走ってと言われた大人はみんなぶりっこ走り。女性も極端にくねくねして走る。でも女の子に同じように言うと、全速力でかっこよく走る。大人になるにつれて女性自身も「社会の求める女」というイメージにがんじがらめになってるのでは、という提起。すごいの一言!

2019/09/23

感想・レビューをもっと見る