読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

しらふで生きる 大酒飲みの決断

しらふで生きる 大酒飲みの決断

しらふで生きる 大酒飲みの決断

作家
町田康
出版社
幻冬舎
発売日
2019-11-07
ISBN
9784344035324
amazonで購入する Kindle版を購入する

「しらふで生きる 大酒飲みの決断」のおすすめレビュー

30年間毎日酒を飲み続けた作家・町田康は、いかに禁酒に成功したのか――この方法論があれば、酒がなくても生きていける!

『しらふで生きる 大酒飲みの決断』(町田康/幻冬舎)

〈二十歳のとき、酒を讃むる歌十三首を読んで以来、大伴旅人だけを信じ、大伴旅人の言うとおりに生きてきた。(略)なにになったか、というと大酒飲みになった。〉という作家・町田康さんが30年毎日続けた飲酒を、4年前からやめてしまったのはなぜなのか。いかに禁酒を成したのか。

『しらふで生きる 大酒飲みの決断』(幻冬舎)はその顛末を綴ったエッセイだ。町田さんが酒をやめようと思い立ったのは、沈黙の臓器と呼ばれる肝臓が悲鳴をあげはじめたとか、日々の倦怠が抜けきらないとか、理由はいろいろあるのだけれど、具体的なあれこれよりも「酒を飲みたいという正気とやめたいという狂気がせめぎあい、わずかに狂気が勝利した結果」で今に至り、なぜやめたか自分でふりかえってみても「気が狂っていたとしか言いようがない」という曖昧な理由のほうになぜか納得させられてしまった。

 酒に溺れるのは、その時間だけは日頃の鬱憤も苦痛もすべて忘れて愉悦を味わえるからだ。大伴旅人が「人生の目的は酒を飲むことであり、すべては酒のために存在する」と言うとおり、町…

2020/1/4

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

しらふで生きる 大酒飲みの決断 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

町田 康は、新作をコンスタントに読んでいるマイブームの作家です。著者の断酒に纏わるエッセイ、哲学的な書です。ところで、著者は今でも断酒継続出来ているのでしょうか?私は、食事とそれに合う美味しいお酒を嗜む程度なので、絶対断酒はしません(笑)但し、断酒をしようと思ったら、達成出来る自信はあります🍶

2019/11/23

いつでも母さん

『ほどほどがいい』これは私の素直な感想。「酒なくして何の人生や」と言ったのは誰?30年間毎日飲み続けた町田さんの断酒エッセイ。所々面白く、だが少々そこまで言うかってくらい面倒くさくもあった(笑)ダイエット効果・睡眠の質が向上・経済的利得そして仕事の捗り。いいこと尽くめですね町田さん。酒飲みの読者なら必ず「わかるぅ!」があるはず。『人、酒を飲む。酒、酒を飲む。酒、人を飲む』沁みる言葉だ。

2020/02/06

ペグ

昔、大酒飲みだった。毎晩ウィスキーのボトル半分位飲んでいた。勿論休肝日等設けることはなかった。しかし、ある夜、鏡の自分の顔を見て〜脳が弛緩しだらしない顔を見て愕然とする。自分が情けなかった。当然次の日からわたしは断酒した。お酒をやめて賢くなったわけでは勿論ない。だけど、町田さんが書かれている通り、脳の道がスッキリしたように思う。人格改造、認識改造。アホであるわたしは今までよりずっと色々と、高みからは見えないような、読書も音楽も楽しめている。この本は人間の(生きること)を描いている。

2019/11/20

こばまり

久々の町田節を堪能。ぐへぐへ笑い進むるうちに、おや今すごくいいこと仰ったとハッとなること度々。しかし我今まさに禁酒せむという方には不向きかもしれぬ。ちなみに目下断酒して一年の御仁に訊くと、楽しく読めた。所々思い当たる節ありとのこと。

2019/12/14

R

大酒呑みの著者が、或るときから酒を飲まなくなった。その事実について、酒を飲むとは、生きるとは、楽しいとはと哲学的な文字戯れを行う本でした。結局なんだったのか、読み終えてさっぱりわからなかったんだが、凄いお酒飲んでいたのに、いわく狂ってしまったから酒を飲んでいない、やめたかどうかは最後までわからないという体で、あれこれ、そもそもなぜ酒を飲むのか、飲むとどうなるのかを語り、挙句、飲まなくなって凄くよかったというお話で終わる。あれこれ理屈をこねくり回して、最終的に、なんだよ、といいたくなった。

2020/02/05

感想・レビューをもっと見る