読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

町田康

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
まちだ・こう

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1962年、大阪府生まれ。97年『くっすん大黒』でBunkamuraドゥマゴ文学賞、野間文芸新人賞受賞。2000年『きれぎれ』で芥川賞受賞。05年『告白』で谷崎潤一郎賞、08年『宿屋めぐり』で野間文芸賞を受賞。

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

1997年
『くっすん大黒』第7回ドゥマゴ文学賞
1997年
『くっすん大黒』第19回野間文芸新人賞
2000年
『きれぎれ』第123回芥川賞
2001年
『土間の四十八滝』第9回萩原朔太郎賞
2002年
『権現の踊り子』第28回川端康成文学賞
2005年
『告白』第41回谷崎潤一郎賞
2008年
『宿屋めぐり』第61回野間文芸賞

「町田康」のおすすめ記事・レビュー

綾野剛「宣伝不可能な作品が生まれようとしています」 映画「パンク侍、斬られて候」特報に反響続出

綾野剛「宣伝不可能な作品が生まれようとしています」 映画「パンク侍、斬られて候」特報に反響続出

 町田康『パンク侍、斬られて候』が、宮藤官九郎脚本、綾野剛主演で映画化されることが決定。アクション満載な特報動画も公開され、「これはキャスト全員カッコよすぎる」「長髪の綾野剛、色気がとんでもない…!」と歓喜の声が続出している。

 同作は、江戸時代の浪人・掛十之進が、自らまいた種によって大惨事に巻き込まれていく物語。十之進は奇妙な宗教団体「腹ふり党」がはびこる黒和藩に現れ、超人的な剣さばきを活かして藩の“腹ふり党対策要員”として仕官することに。しかし十之進の適当で不真面目な性格が発端となり、腹ふり党や藩の重臣たちの思惑が絡みあう予想だにしない事態へと発展してしまう―。

 映画では十之進を演じる綾野の他に北川景子、東出昌大、染谷将太、浅野忠信、豊川悦司といった豪華俳優陣が出演することが明らかになっている。

(C)エイベックス通信放送

 特報動画は猿の大軍が屋根の上を飛び交う場面から始まり、12人のキャラクターたちが次々と登場。宙に浮く豆、北川の踊り、浅野の体に刻まれたうずまき模様など謎の多い映像は、「猿のインパクトがすごいwww」「特報だけでものすごく濃…

全文を読む

「超豪華!!」綾野剛×宮藤官九郎×石井岳龍『パンク侍、斬られて候』実写映画化に大反響!

「超豪華!!」綾野剛×宮藤官九郎×石井岳龍『パンク侍、斬られて候』実写映画化に大反響!

(C)エイベックス通信放送

 町田康の傑作小説『パンク侍、斬られて候』が、主演・綾野剛、脚本・宮藤官九郎、監督・石井岳龍で実写映画化される。この知らせにファンからは、「ぎゃーーー!! 超豪華! ありがとう!!」「そんなの面白いに決まってるよ!」と期待の声が続出中だ。

 同作は、芥川賞作家・町田が2004年に発表した作品。江戸時代を舞台にしながらも、現代に近い口語による滑稽な会話の応酬に特異なキャラクター、驚きに満ちたストーリー展開とド肝を抜く大団円で、「意味のわからない圧倒的な迫力。クセになる」「次々と意味のわからない展開が襲ってくるのにほんっっとうに面白い…」「小説でしか得ることのできない快楽が詰め込まれた一冊」と多くのファンを魅了している。

 そんな同作の主演を務めるのは、さまざまな役柄を演じ、実力派俳優の名をほしいままにする綾野剛。さらにユニークな登場人物同士の掛け合いや巧妙な駆け引きを得意とする希代のストーリーテラー・宮藤官九郎が脚本を務める。これにはファンも、「宮藤官九郎と綾野剛って考えうる限り最高のチョイス」と大興奮。

 監督は、『狂い咲き…

全文を読む

古典を訳し、物語る―『平家物語 犬王の巻』刊行記念! 古川日出男×町田康「朗読&トークライブ」開催

古典を訳し、物語る―『平家物語 犬王の巻』刊行記念! 古川日出男×町田康「朗読&トークライブ」開催

2017年5月29日(月)に発売された古川日出男の新作書きおろし小説『平家物語 犬王の巻』の刊行を記念して、「古川日出男×町田康 朗読&トークライブ」が2017年7月4日(火)に東京「VACANT」で開催される。

『平家物語 犬王の巻』は、古川が訳した『平家物語』(池澤夏樹=個人編集『日本文学全集』第9巻)の外伝を描いた作品。同書の装画を担当した松本大洋も「もの悲しく、美しい物語でした」とコメントを寄せている。

同イベントは、『平家物語 犬王の巻』の著者・古川と同日本文学全集で説話集『宇治拾遺物語』を訳し、さらに古典『義経記』をベースにした創作小説『ギケイキ』を連載中の町田の2人による「朗読&トークライブ」。「古典の翻訳とは?」「リミックスや創作の違いとは?」など、初顔合わせの2人だからこそ語り合えるトークは必見だ。

また来場者全員に特典として、オリジナル缶バッジ&カード型のカレンダーをプレゼント。貴重な「平家」にまつわる物語が聞けるイベントを見逃さないようにしよう。

■「古川日出男×町田康 朗読&トークライブ」 日時:2017年7月4日(火) 開場18…

全文を読む

男女が絡みあいあわや…あの芥川賞受賞者でミュージシャンの町田康さんが、女の妄想が爆発する「ハーレクイン・ロマンス」を初体験!!

男女が絡みあいあわや…あの芥川賞受賞者でミュージシャンの町田康さんが、女の妄想が爆発する「ハーレクイン・ロマンス」を初体験!!

『秘書という名の愛人』(キャシー ウィリアムズ:著、深山 咲 :訳/ハーパーコリンズ・ ジャパン)

 日本の女たちに「めくるめく愛の世界」を届け続けて37年。恋愛小説の老舗としてゆるぎない存在感を放つ存在「ハーレクイン・ロマンス」。だが、名前は知っているけど未体験という人も、案外いるのかもしれない。一度、手にとれば、ゴージャスで王道な愛の世界は「女のための脳内麻薬」と理解できるが(そのまま中毒にGOな方も多いとか)、ハリウッドスターばりの美男美女が甘く見つめ合う表紙にたじろぐ初心者の気持ちもわからないでもない…。

 そのことに危機感を覚えたのか、パンクな力で封印解禁を狙ったのか、なんとこの度ハーレクイン編集部自らがハーレクイン初体験という芥川賞作家の町田康に「ハーレクイン・ロマンスを読んでもらおう!」という暴挙に出たらしい。町田氏といえば、町田節と呼ばれる独特の文体と感性で熱狂的なファンを抱える作家の顔の他、現在までプレスが続くパンクの名盤『メシ喰うな!』で80年代ジャパニーズパンクシーンに衝撃を与え、解散後も数々の伝説をもつパンクロッカーとして有…

全文を読む

町田康「ぶっ飛んだ」 ピンチョン『LAヴァイス』映画化!

町田康「ぶっ飛んだ」 ピンチョン『LAヴァイス』映画化!

(C)2014 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC,AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

 ベルリン、カンヌ、ヴェネツィア・・・世界三大映画祭全てで監督賞に輝いた“天才監督”ポール・トーマス・アンダーソン(PTA)! 彼の「ザ・マスター」以来となる待望の新作「インヒアレント・ヴァイス」が、2015年4月18日(土)より公開が決定した!  原作は、現代世界文学の最高峰に君臨し続ける謎の“天才覆面作家”トマス・ピンチョンの『LAヴァイス』(新潮社刊)。ピンチョンが初めて自身の作品の映画化を許可したのがこの作品だ。鑑賞した著名人から絶賛コメントが続々届いている! 町田康(作家、ミュージシャン)  私はこの映画は、アメリカの吉本新喜劇だと思って観て、観ている間、ずっと楽しかった。そして冒頭に流れた音楽にやられた。ここでこの曲が流れるのか!と完全に虚を突かれ、「ぶっ飛んだ」。衝撃的な音楽のと同時に映画の体験であった。 小堺一機(俳優、タレント)  こんな映画観たこ…

全文を読む

作家・中島らもが手がけた名曲がよみがえる! PISSの2枚組ベストアルバム発売

作家・中島らもが手がけた名曲がよみがえる! PISSの2枚組ベストアルバム発売

『ON THE PISS』 (PISS feat.RAMO NAKAJIMA/ SCARAB RECORDS)

 2004年に他界し今年で10年が過ぎる作家・中島らも。その中島らもが率いるロックバンドPISS(1995年2000年活動)のベストアルバムが発売された。

 今回リリースされた『ON THE PISS』は、PISSが残した2枚のアルバム『DON'T PISS AROUND』(1997年)、『PISS FACTORY』(2000年)から選ばれたベストアルバム。中島らもが20代から40代に作り上げた生気あふれるナンバーが数多く収録されている。

 さらに特典として1979年のギター弾き語り音源を収録するほか、1988年の中島らも&ザ・リリパットアーミー時代のライブ映像を収録したDVDを合わせた2枚組となっている。

 2014年7月21日~27日にはイベント『中島らもメモリアルWEEK』が大阪で開催された。中島らもが手がけたコントの再演を含むトークイベントを筆頭に、落語会、映画上映会のほか、鮎川誠、石田長生、町田康、大槻ケンヂなどが参加した音楽ライブ…

全文を読む

ホントは見せたくなかった!? ピース又吉の濃すぎる本棚

ホントは見せたくなかった!?  ピース又吉の濃すぎる本棚

 “いま、もっとも影響力のある読書芸人”ピース又吉。彼が選びに選び抜いた本100冊を並べた「又吉直樹の本棚」が、サブカルの殿堂・ヴィレッジヴァンガード下北沢店に出現! そのセレクトの妙が話題を呼んでいる。

 又吉は、昔からヴィレヴァン下北沢店によく通っていたそうで、彼いわく「酔狂な本屋」であるヴィレヴァンを意識し、「いい意味でヘンな本、刺激的なものが読みたいって人」を想定したセレクトに。10万部のヒットとなっている、好きな本に関するエピソードを綴ったエッセイ集『第2図書係補佐』(幻冬舎よしもと文庫)は、学生にも読んでもらえるようにと、文学マニア度を少々抑え気味に(とはいえ文学青年・又吉基準での話だが)、エンタメにも目配せしたラインナップだった。が、今回の本棚は、又吉の趣味全開のラインナップ。「えげつないのんばっかりです。喰いたいです」という胸の張りようだ。ヴィレッジヴァンガード下北沢店では、スタート記念として、本棚の本を買った人に又吉の直筆サイン入りの栞をプレゼントするそう(先着50名 ※開始日はヴィレッジヴァンガード下北沢のツイッター@vvshi…

全文を読む

『テルマエ・ロマエ』、阿部寛と上戸彩に原作者も太鼓判

『テルマエ・ロマエ』、阿部寛と上戸彩に原作者も太鼓判

 古代ローマの設計技師ルシウスが、現代日本の風呂へタイムスリップ! 時空を超えた風呂コメディという奇想天外な設定で大ヒット連載中の『テルマエ・ロマエ』がまさかの実写映画化を実現させた。人気マンガの実写化はいまや当たり前の流れだが、この作品に限っては原作ファンも驚いたことだろう。だって主人公、古代ローマ人だし!    「でも阿部寛さんがルシウス役って聞いた時点で『オッケーよ!』と思えましたからね。昨年末、イタリアのコミックフェスティバルで講演したんですけど、そこで原作ファンだというイタリア人男性からも『阿部寛、僕も適任だと思いますよ』って言われましたし(笑)」 と語るのは原作者のヤマザキマリさん。(以下、「」内はヤマザキさん)

 日本屈指の彫りの深い二枚目俳優・阿部寛がルシウス役と聞いて、「ハマる!」と膝を打った人も多いだろう。その他、市村正親、北村一輝などいずれも納得の濃い顔役者陣が、チネチッタの巨大オープンセットで撮影を敢行。壮大なスケールとリアリティで、2000年前の古代ローマ世界を見事に再現している。さて、では対する平たい顔族(日本人)はと…

全文を読む

「町田康」のおすすめ記事をもっと見る

「町田康」のレビュー・書評をもっと見る

「町田康」の本・小説

猫のエルは

猫のエルは

作家
町田康
ヒグチユウコ
出版社
講談社
発売日
2018-09-28
ISBN
9784065129685
作品情報を見る
100万分の1回のねこ

100万分の1回のねこ

作家
谷川俊太郎
山田詠美
江國香織
岩瀬 成子
くどうなおこ
井上荒野
角田光代
町田康
今江 祥智
唯野未歩子
綿矢りさ
川上弘美
広瀬弦
出版社
講談社
発売日
2015-07-16
ISBN
9784062196017
作品情報を見る
日本霊異記/今昔物語/宇治拾遺物語/発心集 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集08)

日本霊異記/今昔物語/宇治拾遺物語/発心集 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集08)

作家
伊藤比呂美
福永武彦
町田康
出版社
河出書房新社
発売日
2015-09-11
ISBN
9784309728780
作品情報を見る
作家と楽しむ古典 古事記 日本霊異記・発心集 竹取物語 宇治拾遺物語 百人一首

作家と楽しむ古典 古事記 日本霊異記・発心集 竹取物語 宇治拾遺物語 百人一首

作家
池澤夏樹
伊藤比呂美
森見登美彦
町田康
小池昌代
出版社
河出書房新社
発売日
2017-01-17
ISBN
9784309729114
作品情報を見る
ベスト・エッセイ2017

ベスト・エッセイ2017

作家
角田光代
林真理子
藤沢周
町田康
三浦しおん
日本文藝家協会
出版社
光村図書出版
発売日
2017-06-25
ISBN
9784813800026
作品情報を見る
ニャンニャンにゃんそろじー

ニャンニャンにゃんそろじー

作家
有川浩
町田康
真梨幸子
小松エメル
蛭田亜紗子
ねこまき(ミューズワーク)
北道正幸
益田ミリ
ちっぴ
出版社
講談社
発売日
2017-04-26
ISBN
9784062205177
作品情報を見る

「町田康」人気の作品ランキングをもっと見る

「町田康」の関連画像・写真

「町田康」の関連画像・写真をもっと見る