読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

啼かない鳥は空に溺れる (幻冬舎文庫)

啼かない鳥は空に溺れる (幻冬舎文庫)

啼かない鳥は空に溺れる (幻冬舎文庫)

作家
唯川恵
出版社
幻冬舎
発売日
2018-08-03
ISBN
9784344427785
amazonで購入する Kindle版を購入する

啼かない鳥は空に溺れる (幻冬舎文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Mami Endo【GLAYとB'zが大好き】

あらすじ。毒母に育てられた千遥と亜沙子は結婚をきっかけに更に母娘関係は悪化しました。愛人を抱える千遥だけど千遥に精神的な虐待を行いました。千遥はヒモだった功太郎にプロポーズされました。一方、亜沙子は母子家庭ゆえに母は過保護だし過干渉しました。亜沙子は母に無理矢理、見合いを強要されました。当然、母は千遥と亜沙子の結婚式や結婚生活にクレームを言いました。結局、千遥と亜沙子は毒母から逃げ切れるのかドキドキしました。感想。個人的には亜沙子が大っ嫌いでした。一挙手一投足が自己中心的でした。辛口コメントごめんなさい。

2019/03/22

まこみん

2組の成人した娘とその母親の話。序盤では自分の物欲を満たす為に愛人の援助を受けながら、こっそり年下の彼とも付き合う千遥に嫌悪感。でもそれは幼い頃から母親の酷い言葉の虐待に苛まれた為。一方、母親と二人で生きてきた亜沙子は、都合良く理想化した母娘の日々を綴った、母のブログを見て違和感を感じるが、母の薦める相手との結婚を受け入れようとする。タイプの違った二人の毒母に対峙する其々の娘の思惑。ラストは亜沙子のあざとさが鼻に付き、千遥の母親のあの言葉に愕然。千遥に、早く毒親捨てて貴方がオスロに行きなさいって言いたい。

2019/09/29

アッシュ姉

母に疎まれ罵倒され、虐げられて育った千遥は、母に褒められたい、認められたいと未だに切望している。父を早くに亡くし、母と二人三脚で支え合ってきた亜沙子は、母を悲しませてはいけない、喜ばせたいと日頃から思っている。そんな二人が結婚話を機に、母親との関係を見つめ直していく。母娘に限らず家族というものは、愛や情、責任や義務などで悪く言えば縛られ、良く言えば繋がっている。束縛と捉えるか、愛情と受けとめるか。本書はさらに根が深く、呪縛または依存から脱却するため、母を棄てるか、自分を棄てるかの選択を迫られる。→

2019/03/04

よっち@疲れ目注意☆彡

何だか空恐ろしい話だ。ごく普通(に見える)家庭の母親が、壊れているのだ。昔、ヒーリングのようなことを少し、かじったことがある。カウンセリングやセラピーその他同系列の職種の方々に聞いた話、子供が心を病んで治療に訪れると、多くの場合、その母親の方が重症なんだそうだ。しかし、母親本人に自覚がない。おかしいのは子供で、私はじゃない、私は問題ない、と言う訳だ。それで、病の矛先が、おかしい(母親にとって)子供に向かう。その子供達が成長して、母を越えようともがく話。しかし、彼女達もまた、近い将来、母になる。空恐ろしい。

2018/09/23

あっ!chan

「娘は、母親を一度は殺さなければならない」解説冒頭の一文だが、まさにこの作品を一言で言い得てると思う。小さいころから母親から無視され疎まれ、逆に母親に憎しみさえ覚える娘と、母一人子一人で育って社会人になっても過剰な愛情から抜けられない娘、タイプの違う二組の母娘の物語。結婚話がお互いの関係を大きく変えるはずだったが...出した結論は大きく異なったがはたして幸せが訪れるのか?多分あるあるの男にわからないリアルな母娘の世界がここにある。

2020/07/12

感想・レビューをもっと見る