読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ある女の証明 (幻冬舎文庫)

ある女の証明 (幻冬舎文庫)

ある女の証明 (幻冬舎文庫)

作家
まさきとしか
出版社
幻冬舎
発売日
2018-10-10
ISBN
9784344428003
amazonで購入する Kindle版を購入する

ある女の証明 (幻冬舎文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

バネ

「女を知る」シリーズ第3弾。貴和子を中心に、彼女に絡んだ人たちの様々なエピソード。最初に新聞記事があり、ソレを検証するかのように、進めていく展開は面白かった。関係が複雑で分かり辛い感もあったが、「女」の愛憎がよく描かれていた。やはり、私にはなかなか理解が難しいかと。。

2018/10/23

JILLmama

どの章にも出てくる女「貴和子」謎めいている貴和子。彼女は一体何者なのだろう。 男たちが虜になって、女が嫉妬して。 一気読みしたけれど、モヤモヤする終わり方ね。

2018/12/14

えみ

猛烈な悪寒。意図せずにいるのならその不幸に憐れみを、意図していたことならばその類稀なる演技の才能に拍手喝采を。自覚の有り無し、生きていてもいなくても、そんなことは些細なことでしかないのだと…彼女、貴和子の内なる魅力に惹かれ狂っていった者達が己の身の破滅をもって証明してみせてくれた。連作短編集。5つの事件を遡ることで貴和子という女の存在を浮かび上がらせる。彼女は完全なるクラッシャー。人の自尊心を上手く利用した5つの事件は一つ一つでも面白いのに連作だからこその満足感がある。存在が危険な女、それが貴和子である。

2020/11/12

ココ(coco)

☆☆☆★まさきとしかさん2作目です。貴和子という女の周りにいる人物達による連作短編集です。ちょっとゾワゾワする様な感じの内容の話が多くて、DVとか、こどもの虐待等も出てきます。章が進むたびに時系列を遡っていくので、少し混乱しましたが、十分楽しめました。

2021/01/19

アコ

貴和子に関わる人物を主人公とした5章+終章構成。各章冒頭にその章の主人公が事件/事故に巻き込まれた三面記事があり、貴和子とはどのような関係なのかを含めた人々の過去と現在の生活が綴られる。そこに間接的に登場する貴和子。徐々に人物像が見えてきたり、また遠ざかったり。この焦らすような雰囲気は好みが分かれそうだけど、わたしは好き。登場人物が多く、夫の山田とシンちゃんあたりは何度かページを遡った。*単行本タイトルは「きわこのこと」*積読本をようやく読了。

2019/10/01

感想・レビューをもっと見る