読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

多動力 (NewsPicks Book) (幻冬舎文庫)

多動力 (NewsPicks Book) (幻冬舎文庫)

多動力 (NewsPicks Book) (幻冬舎文庫)

作家
堀江貴文
出版社
幻冬舎
発売日
2019-04-10
ISBN
9784344428607
amazonで購入する Kindle版を購入する

多動力 (NewsPicks Book) (幻冬舎文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mitei

とても読みやすく解りやすい主張が沢山載っていた。これからはいかに自分の仕事に没頭するのが大事だなと強く実感した。私も老いてきているので色々な興味がわかなくなってるなぁと感じたのでもっと動こうと思った。

2019/11/11

本読みたぬき

IT革命と秩序の崩壊の平成を象徴するホリエモン。「安定はリスク」と言い切り、ホテル暮らしをしながらマルチなアントレプレナーであり続ける彼の真似は、凡人にはとてもできないのだけれど、これを読んだらほんのちょびっとでも行動力が上がるかも?

2019/04/28

harass

気になっていた本がKindle unlimitedにあったので読む。著者の仕事の考え方心がけていることなど。いかにも自己啓発本という印象。ある程度類書を読んでいるならおなじみの要素がでてくる。感心するところもあるが、論拠としてどうなのと感じる部分も多い。そのままを取り入れるのは彼の現在の立ち位置や環境が特殊すぎるとは思うが、彼のようなマルチな活動をしている人になるには、または近い存在になるためのヒントになるだろう。ちょっとした暇な時間に読むにはこの本の軽さ薄さも必要かと思われる。読み物として。

2020/02/03

私の今までの働き方や行動の仕方を全部覆された感じでした。堀江氏の徹底した効率化と楽しみ方と、無駄なものを排除する意識は凄いと思います。私もここまできっぱりとやりたくない仕事はしない、付き合いたくない人とは付き合わない、をやっていけたらもっと人生楽しいだろうと思います。各項目のラストにあるチェック項目を、やれそうなものだけでも実行してみたいです。

2019/05/16

ドリル

少し前に読んだ「人生の勝算」で前田裕二という人間を見直す機会を得ることが出来た。でも、本書を読んでもホリエモンはやっぱり好きになれない。書いてることは本筋で間違っていないことが多い。だが、サラリーマンにはサラリーマンなりのルールがあり、その上で社会は成り立っている。ものづくりはチームで作り上げるもので一人では絶対に出来ない。一定のルールの中で動かなければならないのである。それを勘違いした人間が私の身近にもいる。そういう人達に悪影響を与えてるのがもしかしたらホリエモンのような考えなのかもしれない。(★★)

2020/05/11

感想・レビューをもっと見る