読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ハリケーン (幻冬舎文庫)

ハリケーン (幻冬舎文庫)

ハリケーン (幻冬舎文庫)

作家
高嶋哲夫
出版社
幻冬舎
発売日
2019-08-06
ISBN
9784344428850
amazonで購入する Kindle版を購入する

ハリケーン (幻冬舎文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

うめ

ここ最近のスーパー台風に向けて読んでおこう、って思ったのに、タイフーンはもちろんのことハリケーン要素も皆無なのだがどうしてしまったのか。本当はもっと長編にするつもりだったのかなとは思うけど、それにしてもこれは、、、

2019/11/02

Gonzou82

面白くなくはなかったけど、いろいろ伏線張った割には回収がなく台風去ってその後は何もなし。その台風も臨場感無く、一つの台風被害の顛末記みたいな感じ。作家が伝えたかったものは何なのか解説読んでもピンと来なかった。確かに最近の異常気象は怖い気がする。暖冬はいいけどこの先の更なる異常気象を予感させます。

2020/01/30

のりちゃん

「首都感染」を読んでからの2作目。「首都感染」の方は、臨場感あふれる展開だったけど、こちらは災害時の描写というよりも、災害にあった人、災害防止に関わる人の生活を中心に書かれていたので、読みもの的にははらはらするような展開ではなかったけれど、今の温暖化による台風の増加は、今までは大丈夫とされていた土地でも、今後は土砂災害が起こりえるという警告として、読んでよかったと思う。

2020/05/24

♪りんまま♪

タイトルから想像するような内容ではなかった。志保が出てくるたびにモヤモヤするし。これは必要だった? とりあえず自分が住んでる場所のハザードマップ確認しておこう。

2019/11/10

MAMI.

★★★☆☆

2020/05/03

感想・レビューをもっと見る