読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

祝福の子供 (幻冬舎文庫)

祝福の子供 (幻冬舎文庫)

祝福の子供 (幻冬舎文庫)

作家
まさきとしか
出版社
幻冬舎
発売日
2021-06-10
ISBN
9784344430938
amazonで購入する Kindle版を購入する

祝福の子供 (幻冬舎文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

はぁ…またやってしまった。文庫化改題だったよ(泣)親になるというのはある意味、自分自身が試されているような気もする。今なら俯瞰してそんなことも思える。一人で親になる訳じゃない。自分の子宮で育み命かけて産むのは女。産んだからといって全員が母親になる訳じゃない。「捨てたんじゃなくて、あげたんだけど」これを突き付けられた子の心情や如何にだ。まさきとしかさんの世界には『流されて生きる』ような、掴みどころの無い女性が度々登場するが、共感出来ないのにクセになるのは何故だろう。まさきとしか恐るべし!(褒めてます)

2021/07/15

イアン

★★★★★★☆☆☆☆『ゆりかごに聞く』の文庫化改題作。21年前に死んだはずの父の遺体が発見された。記者の宝子は失踪後の父の足取りを追う中で、父がある猟奇殺人を追っていたことを知り…。なぜ優しかった父は突然家族の前から姿を消したのか。ミステリとしての意外性はあるものの、死者の指紋がデータベースに残っていたり、母性と父性が欠如した人物が多過ぎで感動するほど共感できず。文庫化改題なのにどこにもそれを書かない出版社もズルい。単行本を読了済なのに文庫本を買ってしまった人にとっては、まさかとしか言いようがないだろう。

2021/07/23

akiᵕ̈*

育児に悩み我が子を夫に引き取られてしまった宝子の元に、21年前に亡くなっているはずの父親が死亡したと知らせが入り、不審な遺留品からその真相に迫っていく。読み進めていく程に、正にこの物語の触れてはいけない真実に自分も一緒に引きずり込まれていき、知りたくなかったという気持ちでいっぱいになる。親と子の間で絶対にあってはならない恐ろしい言動が詰まっていて、だけどこれもリアルな多様性の1つに含まれるどうしようもない現実だという事も投げかけられている気がした。ミステリーとしても、とても筆力のある読み応えだった。

2021/07/03

Junichi Yamaguchi

『自慢の娘』… いやぁ、キツイ内容だわ。 理想の親って? 理想の子供って? 親の為にって? 子供の為にって? 一般的な理想が、大きな幸せを生むとは限らない。 だからといって、その理想に目を瞑ることは許されない。 答えを探しながら読んだが、納得のいく答えは、まだ出ない。。

2021/07/21

shi-

ましきとしかさん、作家買い…の末、あっまたやってしまった。文庫化に伴う改題でゆりかごに聞くだった。冒頭で気付くが、初読の時に衝撃を受けたので、もう一度じっくり読む。結末をしっていただけに宝子の子供にしてしまったこと、父親の、母親の秘密を探っていこうとする行動、どれも胸が痛い。 子を産んで、母親だれもが無条件に愛せる、不安を抱えながら子育てをしていく中で必ず愛情が芽生える、これは勝手な思い込みなのか?これも、現在の考え方の多様性なのか?だとしても絶対に不幸な子供が普通に増えていってはいけない。

2021/07/05

感想・レビューをもっと見る