読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

大きなさよなら どくだみちゃんとふしばな5 (幻冬舎文庫)

大きなさよなら どくだみちゃんとふしばな5 (幻冬舎文庫)

大きなさよなら どくだみちゃんとふしばな5 (幻冬舎文庫)

作家
吉本ばなな
出版社
幻冬舎
発売日
2021-06-10
ISBN
9784344430952
amazonで購入する Kindle版を購入する

大きなさよなら どくだみちゃんとふしばな5 (幻冬舎文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ミス レイン

前巻の「これから嵐がやってくる」という思わせぶりな結びが気になっていたのですが、今回の事柄では多分ありませんよね?でも、急に親友と愛犬、愛猫が他界してしまい、茫然としている著者の様子がつぶさに感じられました。まさに帯にあるように「みんな急にいなくなってしまった」。よく小説や映画で、人ひとりいなくなったところで世界は変わらず動いていくといった表現を見かけるけど、近しい人や愛情を持っていた人にとっては急激な世界の変容でしかない。エネルギーの質と量の話に、会社で浮上するもやもやがすっと晴れました。

2021/06/24

ちいこ

ちまちまと読み進めました。毎回、中の写真がカラーだったら…と思ってしまう。

2021/08/10

Hideka

★★★★「追悼」という言葉は一度も出てこなかったけれど、1から10まで亡くなった友達のことで出来上がっている本。家事について、死んでしまった犬について、とか他のことも書かれているが、ばななさんはその友達のことしか書きたくなかったんじゃないか、そういう感じの本。その友達の死に様や生き様が壮絶すぎて何も思えない。友達を看取った医者が彼女の選択を生き様ごと肯定していて、素晴らしかった。普通なら「何でこんなになるまで放っておいたんだ」とか言いがちな立場であるだけに。

2021/11/09

こぴり

吉本ばななさんの本は高校生か大学生の頃以来。 エッセイを読んだのは初めて。40代目前になって、自分や周りの人の死について生の延長として前より身近に感じ考えるようになってきていたところに、タイトルに惹かれて図書館で借りた。 「ほうっておいても、あっという間にそのときは来る」だから、「ゆっくり歩こう」と。 死はこわい。死まで行かなくとも色んな悪いことがこわい。変化がこわい。でも、出来ることはただただ今を慈しむことなんだなぁ、それしか出来ないんだなぁと思った。

2022/02/17

Yuki

もう頭には入りきらないので、体に染み込ませたくてただただばななさんを読む。ただ、こんなに全ての生き物を愛している人でも、ペットショップで動物を買うのか。と少しだけショックがあった。

2022/02/11

感想・レビューをもっと見る