読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

緊急事態宣言の夜に ボクたちの新型コロナ戦記2020〜22 (幻冬舎文庫 さ 8-13)

緊急事態宣言の夜に ボクたちの新型コロナ戦記2020〜22 (幻冬舎文庫 さ 8-13)

緊急事態宣言の夜に ボクたちの新型コロナ戦記2020〜22 (幻冬舎文庫 さ 8-13)

作家
さだまさし
出版社
幻冬舎
発売日
2022-06-01
ISBN
9784344431898
amazonで購入する Kindle版を購入する

緊急事態宣言の夜に ボクたちの新型コロナ戦記2020〜22 (幻冬舎文庫 さ 8-13) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

qoop

医療者支援の基金運営に関わる著者が、コロナ禍中で何を思い、どう行動したかをまとめた前半と、基金の創設経緯とその活動内容を語った後半の二部構成。どちらも興味深くがあるが、やはり今の関心事は前者。ただコロナ禍におけるミュージシャンの日々を綴る……とまとめるには規格外だし、かといってノブレス・オブリージュなどと云っても嘘っぽい。結局は著者の人間性に尽きると云うことなのだろう。

2022/06/10

Asaya

ファンとしては風に立つライオン基金で多くのボランティア支援をしていることは知っていたけど、実際にどういう活動をやっているのかまではわからなかった。もはやさださんは単なる一歌手ではないのだが、こういう活動もやっていることを知ってもらえれば。コロナにみまわれ試行錯誤しながら多くの人達と立ち向かっていたさださんの凄さを改めて感じた。この人をずっと応援していて良かった。

2022/06/18

カノープス

コロナ禍における日本を表現者としてどう関わったのかを振り返る語り下ろし。緊急事態宣言も先のウクライナ戦争においてもそうだったが、「今歌う事」についての決断のスピードには驚かされる。数多の災害における支援活動もそうだが、事が起こった時の反射神経が異常である。その決断の背景や支援の裏側が余すことなく語られていて興味深い。しかし、その活動は多くの人の知るところではない。もっと評価されるべきだろう。

2022/06/02

GB

新型コロナウイルスと戦う医療従事者の方々には頭が下がるけれどそれを裏から支えている風に立つライオン基金。それを興したさださん。本当に敬意を表する人は見えづらかったりする。さださんのことを「偽善者」なんていう人はその前に自分も何らかの行動を。

2022/07/01

感想・レビューをもっと見る