読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

不安の哲学 (祥伝社新書)

不安の哲学 (祥伝社新書)

不安の哲学 (祥伝社新書)

作家
岸見一郎
出版社
祥伝社
発売日
2021-06-01
ISBN
9784396116293
amazonで購入する Kindle版を購入する

不安の哲学 (祥伝社新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

すうさん

この本もアドラー心理学だけでなく三木清の哲学も加味されて西洋的な感覚だけでなく東洋的日本的な哲学も加味されている所が良い。不安とは不測で不確実であるから感じる。過去は確定しているから未来のことばかり。他人や自分では変えられないものに執着しても不安が増すだけ。結局現在を生きることに夢中になれば多分不安は生じない。私も残り時間を意識すると焦りだす。逆に時間があれば余計なことばかりを考える。人生を旅だとしても終着駅に着くことが目的でない。終着駅は死だから。時にも回り道しても旅の途中の現在を楽しまないといけない。

2021/06/10

suu

不安は「無」から生じるとのこと。ようはヒマで何も考えることがないから、不安をわざわざ考えるということ。たしかに忙しければ考えないようなことを、わざわざ考えてしまっていることはあると思う。もちろん、根拠のない楽観はよくないけれど、根拠のない悲観もそれと同等かそれ以上によろしくないというところかなと。人生を直線でみるよりも、いま現在がすべてとして生きるのはその通りだと思う。大体、何歳だから折り返し地点とか考えるのは自分がいつまで生きるかなんてわからないのだからナンセンス。つまりは今日を精一杯生きればよいのだ。

2021/07/25

Go Extreme

先が見えないこと 変化しなければ先が見える 先が見えなくても 不安の正体:不安の対象は無 不安には目的 人生の課題から逃げるためのトラウマ 決断しない 課題を避ける 人を支配 形而上的不安 パンデミックと不安:コロナ後 対人関係の不安:嫉妬する人はいつも不安 嫉妬は平均化を求める 仕事の不安:心情倫理と責任倫理 競争から降りる 病気の不安:病気の需要 無時間の岸辺 満ち足りた日 価値は生きていること 老いの不安:人間の価値 知と敬虔の蓄積 死の不安 どうすれば不安から脱却できるか:エクセントリックな人生

2021/07/22

RK59320

所々に三木清とアドラー(時々城山三郎)の言葉を絡めながら、人生は無の上に成り立っている、今ここを生きる、人の価値は生きていることにある等々、生に対する積極的な意識がぐいぐいと迫ってくる。『人間が誰でも後世に遺すことができる遺物で利益ばかりあって害のない遺物がある、それはお金、事業、思想ではなく、勇ましい高尚な生涯である』という内村鑑三の言葉がこころに響いた。以前に読んだ般若心経入門と被るところがあり、『不安を抱く人への処方箋』というタイトルの方がしっくりとくる。

2021/06/14

yuki

コロナ禍だからだろうが、「病気・死・老い」に多くの紙面が割かれている。読みたかった「仕事」の量は少なかった。やはり「恐れ」が不安を喚起するのだろうが、「心理的安全」なチームが良いのかというと、一概には言えない気がする。心理的安全なチームも結局は競争に勝つための方法であり、組織の誰かは「恐れ」と「不安」を抱えるのだろう。

2021/06/13

感想・レビューをもっと見る