読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

魔界都市ブルース 影身の章 (ノン・ノベル)

魔界都市ブルース 影身の章 (ノン・ノベル)

魔界都市ブルース 影身の章 (ノン・ノベル)

作家
菊地秀行
出版社
祥伝社
発売日
2020-05-14
ISBN
9784396210502
amazonで購入する

魔界都市ブルース 影身の章 (ノン・ノベル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しゃお

秋せつらを主人公にした短編集、〈マン・サーチャー〉シリーズ最新作。「私」の出番は一回のみ。他の作品もせつらの活躍があまり無かったり、いつものように良く分からないまま終わったりしたりで、ちょっと消化不良なところはあるかも。その中で女装で登場の場面は印象的(笑)。せつら対せつらは長編でもっと派手な展開でもって読みたかったかも。

2020/06/10

エディ

時々無性に「魔界都市ブルース」シリーズを読みたくなるタイミングがある。今回は「長編や複数巻はツライ気分」だったので、次の巻も出ているけど(苦笑)、この短編集をチョイス。各エピソードはきっちり面白い、面白いんだけど、さすがに今回は「私」の出番が……物足りない。

2020/12/02

トオル

せつこ、華麗にホステスデビュー(笑)

2020/05/23

イコ

客の後ろに誰かいる? と幽霊屋敷が面白かったかな。

2020/11/25

HerrKatze

短編は特に何書いてるかわからん文章が多いなあ 書きなぐってるのかもしれんけど主語述語の関連性がおかしくて誰が何したんだかさっぱり 私が一回しか出てこないのはそんなもんかなー 出過ぎても安くなるしね

2020/05/23

感想・レビューをもっと見る