読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

蜩ノ記 (祥伝社文庫)

蜩ノ記 (祥伝社文庫)

蜩ノ記 (祥伝社文庫)

作家
葉室麟
出版社
祥伝社
発売日
2013-11-08
ISBN
9784396338909
amazonで購入する Kindle版を購入する

蜩ノ記 (祥伝社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

射手座の天使あきちゃん

「武士道と云ふは死ぬ事と見付けたり」 葉隠の記述の中で特に有名な一節ですが本当は決して死を美化する書物では無かったそうですね。 普段時代小説はほとんど読みませんが、戸田秋谷の峻烈な生き方を通して「人は何のために生きるのか」を教えらた気がしました。 流れるような美しい文章にも感銘を受けました。 エクセレント!! (^_^)V

2015/02/26

酔拳

10年後、切腹の罪に問われた、主人公、秋谷。10年の間は、山奥に、家族と幽閉され、藩主の事績を調べあげ、時系列に書き上げる仕事を命じられている。そんな中、7年後、同僚と刀傷沙汰をおこした、庄三郎が死罪を放免される代償として、監視役を任される。秋谷が側室と一夜を共にした、謎解きとともに、秋谷の山奥での幽閉生活が、描かれています。秋谷の地域の農民との関わり方が、正義一貫としていて、その姿に庄三郎も秋谷を尊敬するようになります。庄三郎が、ひとは心の目指すところにむかっていきているのだと回想したシーンが心に残った

2018/04/02

ガクガク

普段あまり感動せぬ読友が珍しく感動したとの言に触発される。豊後・羽根藩士、戸田秋谷は江戸屋敷で起こった「ある事件」のため藩内の寒村に幽閉され、10年後の切腹とその間の家譜編纂を命じられていた。切腹まで3年余となった春、秋谷の監視と家譜編纂の手伝いを命じられた青年藩士檀野庄三郎は、秋谷と家族、村人の真摯な生き様に触れるうちに、「武士とは何か」を深く考えるようになる。そして「ある事件」の裏に隠された家老の陰謀を知る・・・。自らの死期を知った時、人はどう生きるか。家族、友情、人生を見つめ深く考えさせる名作。

2014/08/28

修一郎

藩の血筋に関わる過去に翻弄されて仕掛けられた陰謀を横軸とし、父として、息子として、友として、そして指導者として、苛烈な運命にいかに向かい合うべきかを静謐な文章で綴った秀作。秋谷を始めとして凛と生きる人々がひたすら清廉で美しい。この父にしてこの息子あり。源吉の辛い運命を目にした郁太郎が決意するシーンに魂を揺さぶられた。彼の受け止めた現実と、背負っていく宿命は苛烈だ。葉室麟さんはまっすぐな人間を描かせたら、ピカイチとのこと。心洗われたい時、背筋をピンと伸ばしたい時に手に取る作家さんになりそう。

2014/09/17

takaC

葉室小説長編を読むのは3年ぶりだったが序盤から嵌ってすっかりのめり込んだよ。舞台を同じとするらしい『潮鳴り』も読みたい。知識不足で申し訳ないけど、羽根藩て実在したんだよね?

2017/10/28

感想・レビューをもっと見る