読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

狐花火 羽州ぼろ鳶組 (祥伝社文庫)

狐花火 羽州ぼろ鳶組 (祥伝社文庫)

狐花火 羽州ぼろ鳶組 (祥伝社文庫)

作家
今村翔吾
出版社
祥伝社
発売日
2018-11-14
ISBN
9784396344757
amazonで購入する Kindle版を購入する

狐花火 羽州ぼろ鳶組 (祥伝社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんごろ

謎が謎を呼び謎のままで終わり、とにかくいろいろな謎が多すぎて、モヤモヤ!しかし次作への序章なのかもしれないという期待する今作でもありました。モヤモヤしたんだけど、二つ名を持つ火消しがわんさか登場して、江戸の火消しのオールスターそろい踏み!次世代の火消しも成長しそうで、まるで北方水滸伝を彷彿させてくれる!今作でモヤモヤした分を次作でスカッとしてほしいですね。

2018/12/31

三代目 びあだいまおう

遂に我らがぼろ鳶源吾が死・・・死を覚悟した!江戸を襲うは幾万もの人が犠牲になったあの『明和の大火』の再現か?手口、現象共に明和の大火の下手人で処刑されたはずの天才花火師、奴にしかできないはず!生きていたのか?更に火消番付を次々と襲う謎の火消狩りも跋扈!これまでの巻(零:黄金雛含め)に出てくる新旧オールスターのが登場しシリーズファンには堪らない展開!奴なのか?火消狩りは誰?目的は?350頁以降の怒濤の展開は一気を越える一気!貴方の大好きな輩共のメチャクチャな格好良さ!さぁ、震えやがれ!熱き漢達の魂に‼️🙇

2020/02/29

海猫

シリーズ第七弾にして、まだまだ絶好調。ぼろ鳶組以外のレギュラーキャラも増えてきてどんどん厚みが出てきた。シリーズ一作目「火喰鳥」の後日談的な性格も併せ持ち、展開がミステリー的にも読めて興味深い。一作目では描かれなかった場面が回想のように、鮮烈に印象に残る形で出てくるのも良い。逆算して「火喰鳥」の方にも、より深みを感じた。おなじみメンバーの活躍があってクライマックスの盛り上げが素晴らしい。讀賣が付録的についてるのが気分が出る。裏面は「火喰鳥」の内容紹介で、新規読者にも親切設計。早くも次巻が待ち遠しい。

2018/11/15

W-G

何気に火喰鳥最大のピンチだったのでは?と思わせられた火事場に、まさかの人物がまさかのアノ人でまさかの実力を発揮して火消ししてしまう展開はかなり熱かった。随所に挿入される秀助の章がまた良く、見方が変わること間違いなし。もうひとつのメインテーマである番付狩りパートも滅法楽しく、何気に一番気になったのは、名前だけ出続けている晴太郎。「四人目が晴太郎、五人目が加賀鳶義平、六人目が晴太郎、七人目が晴太郎…」は大いに笑えた。いつか満を持して登場し、とんでもない大金星を上げる姿を見せて欲しい。

2022/06/08

mint☆

ぼろ鳶第7弾。シリーズを読み進めるたびに今回が一番面白かった!を更新し続けています。火刑になったはずの秀助と同じ手口の火付けが再び始まる。秀助は生きているのか。源吾たちが謎に迫る。今回は登場人物も多く内容も盛りだくさんなのに全然迷子にならない。ページを捲る手が止まらない。特に後半は息を飲む展開。そしてこんなに泣けるとは。改めて源吾はかっこいい男だと思った。

2021/02/10

感想・レビューをもっと見る