読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

違国日記 3 (フィールコミックスFCswing)

違国日記 3 (フィールコミックスFCswing)

違国日記 3 (フィールコミックスFCswing)

作家
ヤマシタトモコ
出版社
祥伝社
発売日
2018-11-08
ISBN
9784396767495
amazonで購入する Kindle版を購入する

違国日記 3 (フィールコミックスFCswing) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ネギっ子gen

感想日記をまだ書き続けている、朝。へー。時々、その日記帳を開きっぱなしに。他人(といっても、槙生だけですがね)に読まれても気にならないと。高校入学式の夜、亡き母を思う。<わたしは、もう、母の意向に添うことも、母の助言を求めることも、どちらも、できないのだった/ていうか、事故で死んじゃって、わたしの愚かさを叱られることもなく、……「ぽつ――ん」……>と。そこで、日記に絵文字も入れつつ、「でも勝手にしんじゃった人が悪いと思う」と書く。が、すぐにその文章にはたくさんの横線を引いた後、鰻の絵に変身させる。へー。⇒

2020/11/02

まりもん

レンタル。朝ちゃんの高校生活が始まった。たまに思ってたんだが朝の母親で槙生の姉って言葉に毒をもっている人だなぁ。

2019/04/26

ゆりこ

35歳の大人だけど、コミュ障で人を寄せ付けないところもある槇生ちゃん。犬ころのような朝ちゃん。まだ人に何かを決めて欲しい子どもだからこその想いってあるのよね。個人的には後見監督人の塔野さんが気になる。

2018/11/17

かおりっくま

朝も両親が生きていたら、反抗したり、親も未熟であることを理解したり、色んな出来事があったのだろう。けれど暴力的な死はプッツリと「普通の」思春期を奪ってしまった。朝は早すぎる親離れを強いられている。痛ましさと共に、その自由をうらやましく感じるのは非情だろうか

2019/04/25

みやび@夜649

借り本。思春期も重なって色々難しい感情…読み取るのが難しいな。槙生さんの人見知りな所は私もすごくわかる。ラスト、元は恋人だった笠町と肩組んでるシーンはちょっと考えちゃっていらなかったな。お互い恋愛感情なければいいんだけどね。

2019/02/06

感想・レビューをもっと見る