読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

1934年の地図 (実業之日本社文庫)

1934年の地図 (実業之日本社文庫)

1934年の地図 (実業之日本社文庫)

作家
堂場瞬一
出版社
実業之日本社
発売日
2020-10-08
ISBN
9784408556208
amazonで購入する Kindle版を購入する

1934年の地図 (実業之日本社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

タカユキ

野球 x スパイという物語。ベーブルースをはじめとしたスーパースターたちが1934年、日本に滞在し親善試合を行っている最中に、スパイ活動がされていた!そしてアメリカチームとともに来日したディックと通訳兼世話人をした京極。ディックと京極は同じ地理学者という事もあり友人になる。戦前から戦後に渡る日米の若い研究者同士の友情と戦後の再会。そして背負ってしまった罪。年号が書かれていないので幾つもの時代に飛びながら過去と現在そして未来が融合していく。また全編に感じる著者の野球愛。素晴らしい人間ドラマが描かれていました

2020/10/22

いたろう

1934年にベーブ・ルースを中心とした大リーグ選抜チームの一員として来日したディック・チャンドラーは、通訳の京極と親しくなり、戦争を挟みながら、2人の間で手紙のやり取りが続いていた。そして、26年後の1960年、京極は、1年間日本に滞在する予定で再来日したディックと再会したが・・・。ディックは、一体何を隠しているのか? ディックが来日した本当の理由は? 1934年にベーブ・ルースら、大リーグ(今となっては死語?)のチームが来日し、全国で試合をしたのは事実。そのため、物語にリアリティがあり、興趣が尽きない。

2020/11/25

速読おやじ

史実にフィクションを加えて、野球を題材にしながらも歴史に振り回された日米の旧友の友情を綴る。ベーブルースが来日したのが1934年。既に満州事変、国際連盟脱退の後であり、日米関係は決して良かったとは言えない。双方仮想敵国としていたのだろう。むしろ、アメリカの方が。。堂場さんなりの日米戦争の描き方がこれなんだろう。ベーブルースを含む大リーグ選手団は各地で歓迎され、日本にもこの後プロ野球ができるのだ。そして、この後数年後に日米関係は最悪になり、ついに。。でも野球に罪はない。

2020/12/07

hiyu

細かい野球の描写はさすが作者というところ。一方でメインテーマの流れについては、特にラストで疑問が生じる。これだけ?というのが正直な感想。ディックと京極の関係性もちょっと微妙。とにかくそれからどうなったの?が気になって仕方なかった。

2021/01/09

ぷらった

ストーリーの主題とは離れて,野球好きには面白いところが沢山あって良いと思う。題材は面白いよね。物語としては,なんというか,もう少しナチュラルな流れ,舞台,描写であれば良かったんだけど。それからニューヨークで取材しましたっ,ていう感じです。

2020/12/03

感想・レビューをもっと見る