読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

初恋部 恋はできぬが謎を解く (実業之日本社文庫)

初恋部 恋はできぬが謎を解く (実業之日本社文庫)

初恋部 恋はできぬが謎を解く (実業之日本社文庫)

作家
辻堂ゆめ
出版社
実業之日本社
発売日
2021-06-04
ISBN
9784408556697
amazonで購入する Kindle版を購入する

初恋部 恋はできぬが謎を解く (実業之日本社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ポップノア@背番号17

今春から帰宅部禁止になったことで部の新設を決意するハル。今まで通り放課後を謳歌できるだろうと目論んで作った「初恋部」なのに、次々と入部希望者が…。イケメンが苦手でインドア派のハル(一応部長)の他、行動力&運動神経抜群のなっちゃん、冷静沈着で歴女のアキ姉、天然ほんわか系美少女のふゆりん。高2にもなって初恋未経験の女子4人が織り成すミステリタッチのコメディ。本人達よりも何故か周りを幸せにしていく展開が笑えます。学校内の雰囲気も懐かしく、青春テイストを存分に楽しめました。でもコレ、絶対に続編が必要な結末でしょ!

2022/01/13

ponpon

「ヒマワリ高校初恋部」の移籍改題。部活動強制化に反発し、初恋未経験を参加条件とする初恋部を発足させたヒロイン・ハル。高2で初恋未経験なんて自分一人と思いきや、なんと3人もの入部希望者が。そんな彼女ら恋を探すつもりが、学園の日常の謎を解き明かすことに。そして何故か(初恋部員以外の)カップル成立の手助けまで。ヒロインら4人がとにかく明るくて快活、女子高生らがじゃれ合っている雰囲気が楽しい。第4章の、まだ相手を一人に絞る必要無い、多くの交際をして運命の人を探せば良いという決着は若さを感じて好印象。楽しい一冊。

2021/06/08

へくとぱすかる

ラストに近づいていくと、どんどんスピードアップ。あっという間に読み終わった。季節が高2の春から夏休みなので、1年の半分も巡っていない。作者としては、いつでも続編を書けるようにしておいたつもりだったのかも。初恋部という設定が、絶対ありえないのにおもしろい。帰宅部のカムフラージュだったはずが、いつのまにか謎解き、というより、他人の初恋の背中を押すはめになってしまうというユーモア。ひたすら明るく屈託がない。この4人が部員だと、設定的にも男子の入部はお呼びでなさそう。再出発した作品として、あらためて続編を期待。

2022/02/27

うまる

かなりゆるいミステリだけど、女子4人でワチャワチャしてるのが可愛いくて楽しめました。初恋部のディスカッションは結構恋愛の本質を突いているのに、この4人が何かを実践しようとすると、何故かズレていくような展開が面白かったです。春夏秋冬をイメージした4人4様のキャラ設定もバランスが良く、掛け合いも◎。 出版して間もなくレーベル終了→絶版の作品を救出してくれて、実業之日本社さんありがとうございます。続編も期待しています。

2021/07/29

さこぽん

初恋することを目指すクラブ・初恋部。部員の4人はまだ恋をしたことがないピュアな高2女子たちだけど、なんとも可愛らしい。日常の謎系ミステリで謎を解きながら青春しているところがいい。他人の恋を成就させてはいるけど、自分たちが恋するときはくるのかな?

2021/07/16

感想・レビューをもっと見る