読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ドイツ菓子図鑑 お菓子の由来と作り方: 伝統からモダンまで、知っておきたいドイツ菓子102選

ドイツ菓子図鑑 お菓子の由来と作り方: 伝統からモダンまで、知っておきたいドイツ菓子102選

ドイツ菓子図鑑 お菓子の由来と作り方: 伝統からモダンまで、知っておきたいドイツ菓子102選

作家
森本智子
出版社
誠文堂新光社
発売日
2018-07-02
ISBN
9784416618011
amazonで購入する Kindle版を購入する

「ドイツ菓子図鑑 お菓子の由来と作り方: 伝統からモダンまで、知っておきたいドイツ菓子102選」の関連記事

バウムクーヘンにシュトレン… 日本でも親しまれているドイツ菓子の作り方

『ドイツ菓子図鑑 お菓子の由来と作り方:伝統からモダンまで、知っておきたいドイツ菓子102選』(森本智子/誠文堂新光社)

 100種類を超えるお菓子の物語をレシピと共に紹介する、『ドイツ菓子図鑑 お菓子の由来と作り方:伝統からモダンまで、知っておきたいドイツ菓子102選』が2018年7月2日(月)に発売された。  ドイツといえばバウムクーヘンやシュトレンなど、日本でも親しまれているお菓子のふるさと。広い面積をもち、いくつもの国に隣接しているので地方色が豊かなのも特徴的。ほかのエリアでは見られないお菓子も数多く存在する。

 またお菓子の種類もバリエーション豊か。きれいにデコレーションされたケーキがある一方、オーブンで焼きっぱなしにした家庭のお菓子や身近な材料で簡単に作れるおやつも。同書ではそんなドイツのお菓子を102種類に絞り込み、歴史や物語を紹介していく。

 お菓子を実際に作ってみたい人に向けて、紹介ページにはレシピも記載。ドイツ菓子にちなんだコラムも織り込まれているため、読み物としても楽しめるはず。

 まさにドイツの菓子文化が手に取るようにわか…

2018/7/8

全文を読む

関連記事をもっと見る

ドイツ菓子図鑑 お菓子の由来と作り方: 伝統からモダンまで、知っておきたいドイツ菓子102選 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

藤月はな(灯れ松明の火)

バームクーヘンやザッハ・トルテ、ロールケーキなど、日本人でも知っているお菓子や『ヘンゼルとグレーテル』でお馴染みのお菓子の家の元ネタ、地方特有のお菓子などを名前の由来や歴史、レシピなども合わせて御紹介。読んでいると香ばしくも甘い匂いと食感と味が掻き立てられてお腹が減る!驚きのマジパンと林檎、卵、クーベルチョコ、杏ジャムのお菓子への使用量。じゃがいもが小麦粉代りにお菓子に使えるのは、北欧などと同様にじゃがいももよく食べられる国ならではですね。そして『シェイプ・オブ・ウォーター』に出てきたようなゼリーもあるよ

2018/12/01

くさてる

タイトル通りにずらっと並ぶドイツ菓子がただ圧巻。写真も美しく、レシピもあって読み応えありました。知ってるようで知らないお菓子もたくさんあって、面白かったです。

2019/01/26

山猫

ドイツ菓子というよりドイツ文化圏、ドイツ語圏菓子というところかな。クロイツカムトルテやエステルハーツィシュニッテンがなかったのは少々寂しい。

2019/11/09

ドイツ菓子102種について、歴史・物語そしてレシピを紹介する。一見、素朴で飾り気のないお菓子たちも、それぞれ味わい深いストーリーを持っている。地方色豊かな家庭的ドイツ菓子の素顔を、シンプルで美しい写真とともに存分にお楽しみください。

2020/01/04

本夜見

ドイツ菓子の由来や歴史、レシピも詳しく。なんとなく独逸と言えば華やか・軽やかとは縁遠いドッシリ『質実剛健』なイメージ。マジパン(マルツィパン)をよく使ってた印象だけど、日本人にはあんまり馴染みないよね?とにかく珈琲に合いそうなお菓子達でありました。………くっついた揚玉みたいなお菓子があったのだが、小学生の頃作った、ホットケーキミックスの残りを穴杓子ですくって垂らしながら揚げたヤツにソックリで驚いた。

2019/04/23

感想・レビューをもっと見る