読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ジジイの片づけ

ジジイの片づけ

ジジイの片づけ

作家
沢野ひとし
出版社
集英社クリエイティブ
発売日
2020-10-05
ISBN
9784420310895
amazonで購入する

ジジイの片づけ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヨハネス

久しぶりに、読んで楽しく気持ちのよくなる本でした。「本の雑誌」を読んでいた時期があるので著者との接点はそこだけだけど、自慢していい話も自慢めいて聞こえず、自虐が楽し気。ジジイでも捨てるのが得意な人っているんですね。早速影響されて、机の一番上の引き出しの中を整理した、、けどカラにはできませんでした。決断力を今まで鍛えてこなかった証拠を突き付けられました。「窓は拭くためにある」は言い過ぎじゃないですか、そんなにお元気でいいですね。あたしも明日は元気出して窓拭くか。拭こう。

2020/11/28

けい

そうかそうか、必ず実践しよう、明日から。と思う人が8割以上いると思う。もうやってます、って人が2割。そんなとこでどうだろう? 途中、いや、これは『こうでありたい』と筆者が願ってるだけなのでは、とオチを期待するも、実際こういう方なのですね。気持ちが良いくらいに。 最終章に愛と感謝がみっちり詰まっている。

2020/11/12

Go Extreme

もっと自由になりたい→モノに縛られない暮らしに方向転換 片づけ・掃除・捨てること モノの片づ=心の片づけ 朝の10分間片づけ・毎日続けることが大切 人生に不安を感じたら窓を拭く 窓拭きを忘れない 引き出しの一番上は空に・毎日引き出すためのもの 体調管理の片づけ 整理整頓<片づけ 普段の暮らし方:旅に現れる 手ぶらで歩けなくなった現代人・小分けをしても量が多ければ意味なし クローゼットを開け放つ 家は生きている作品 人生に必要な物:時間をかけてでも真剣に向き合い 必要のない物・きっぱりと排除 

2020/11/03

晴歩雨読

最初の写真と物の無い生活を読んだときはマスコミ/アート系の一般庶民の普通の生活感ではない方の自慢かと思ったけど、口論するほど片づけない奥様ややっぱり離婚したプロデューサー、別荘の話はすごく共感できた。最終的には正論というかさすが年の功、各エピソードについて納得できる感想です。自分自身にとって片づけの励ましになった。

2020/11/25

シュウヘイ

朝の10分片付け ものに執着しない

2020/11/23

感想・レビューをもっと見る