読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

東大教授がおしえる やばい日本史

東大教授がおしえる やばい日本史

東大教授がおしえる やばい日本史

作家
本郷和人
和田ラヂヲ
横山 了一
滝乃 みわこ
出版社
ダイヤモンド社
発売日
2018-07-12
ISBN
9784478103951
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

人物を知れば、日本の歴史がざっくりわかる!
聖徳太子、紫式部、織田信長、徳川家康、坂本竜馬……
日本の歴史を作った「すごい」人は、同じくらい「やばい」人だった!
歴史の「表」と「裏」がわかると、おもしろいほど流れがわかり、日本史が好きになる。

「東大教授がおしえる やばい日本史」のおすすめレビュー

徳川家康はうんこを漏らして逃げた! 東大教授が教える偉人たちの「表」と「裏」の顔

『東大教授がおしえる やばい日本史』(本郷和人:監修、和田ラヂヲ:イラスト、横山了一:マンガ、滝乃みわこ:執筆/ダイヤモンド社)

 日本の運命を変えるような偉業を成し遂げてきた歴史上の偉人たちは、完全無欠な完璧人間のように見える。しかし、私たちが知っている彼らの姿はあくまでも表の顔にすぎず、偉人たちにも人間味溢れる部分がある。そう思わせてくれるのが『東大教授がおしえる やばい日本史』(本郷和人:監修、和田ラヂヲ:イラスト、横山了一:マンガ、滝乃みわこ:執筆/ダイヤモンド社)だ。本書には卑弥呼や聖徳太子、織田信長などといった誰もが知っているような偉人たちのヤバいエピソードが取り上げられている。偉人たちの本性や裏の顔を知れば、今までとは違った視点で歴史を楽しめるようにもなるはずだ。

■武田信玄は家臣にラブレターで猛アタック 「甲斐の虎」とも呼ばれた武田信玄は戦国時代最強の軍隊を作り、領土を広げていった有名な武将。ライバルであった上杉謙信とは10回以上にわたり戦を交えたり、織田信長を止めるために「三方ヶ原の戦い」で徳川家康と対決したりした信玄は数多くの作…

2018/8/19

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

東大教授がおしえる やばい日本史 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

nya~ko@春よ来い来い

児童向けの面白歴史登場人物の裏話。大人が読んでも面白かった〜。人間性のいい所とダメな所をちょっと大袈裟に書いてるけど、掴みはOK!って感じ。これ読んで子供が歴史好きになってくれたらいいよね。

2019/01/06

アキ

歴史上の有名人の「すごい」ところと「やばい」ところを紹介している。小学生向けくらいでしょうか。うちの子にはスルーされましたが。ざっくりマンガがざっくりしすぎてて面白かった。ざっくり見ると結構日本の歴史って争いを好む武士がヤンキーのように牛耳ってたのですね。この本は本郷教授のテレビ出演目的の広告本でしょうか?

2018/11/24

saga

切っ掛けは監修の本郷教授が出演したラジオ番組。知っているエピソードも多かったが、漫画と軽妙な文章で日本の歴史をざっくり理解するには丁度良い。ターゲットは中高生というところかな? 飛鳥・奈良時代の天皇をめぐる複雑な関係は、本書のように単純化させると分かりやすい。

2019/02/02

hippos

面白かった。息子のために買ったけど先に読んでしまった。名だたる偉人が並ぶけど皆人間くさいね。 ザビエルのやばい話で、坊さんの台詞に腹を抱えた。後、与謝野晶子が後に戦争賛成の歌を詠んだなんて衝撃。

2019/02/09

モリー

パーフェクトな人間なんて、なかなか見つからないものだなあと思いながら読了。歴史上の人物が成し遂げた偉業と私生活のだらしなさのギャップがヤバすぎます。

2018/10/22

感想・レビューをもっと見る