読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

生きていてよかった

生きていてよかった

生きていてよかった

作家
相田みつを
相田一人
出版社
ダイヤモンド社
発売日
1998-01-01
ISBN
9784478701492
amazonで購入する

生きていてよかった / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しいたけ

「雨の日には雨の中を、風の日には風の中を」これが好き。北海道の厳しい自然を思い出す。猛吹雪の中、目をこらし前を見ようとしているところ。じりじり日に焼かれながら延々と人参の間引きをしているところ。自然はそのまま受けとめるしかないけれど、そこにいることを選んでいるのは自分で、それはとても幸せなことだと思ってた。「いのちいっぱい生きてきてほんとうによかった。どんなときでも心の底からしみじみと言えるような人生を生きてゆきたい」ここから、このタイトルにしたという。加減して生きてる今の自分が、ほんの少し哀しくなる。

2016/03/22

ASnowyHeron

生きることはつらいことが多いけど、シンプルに考えていけばいいのかな。力強さを感じた。

2018/11/06

ぱんにゃー

「七転八倒 つまづいたり ころんだり するほうが 自然なんだな にんげんだもの」(みつを)  七転び八起き。は達磨さんだね(苦しいイメージあるなぁ)。 にんげんでよかった(^ω^) ニャリがとうございます。

2013/12/18

uc__ci*

相田みつをさんの詩からはいつも、自分を見つめ直す時間をもらえます。 この世はわたしがわたしになるところ 自分が自分になりきるところ むりをしないで なまけない わたしは弱い人間だから 学生時代に友達から教えてもらった詩も。 ちからをいれてりきまない それがなかなかできないわたし いのちいっぱいに生きた

2014/08/04

レゴ

等身大というのか、気持ちをありのまま書いていると感じた。「どうころんでも、おれのかお」お気に入りです。

2010/02/19

感想・レビューをもっと見る