読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ひきこもれ―ひとりの時間をもつということ (だいわ文庫)

ひきこもれ―ひとりの時間をもつということ (だいわ文庫)

ひきこもれ―ひとりの時間をもつということ (だいわ文庫)

作家
吉本隆明
出版社
大和書房
発売日
2006-12-10
ISBN
9784479300663
amazonで購入する

ひきこもれ―ひとりの時間をもつということ (だいわ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

lonesome

「ひきこもりの人は、考えること、感じることを人より余計にやっているのです。」自分は自分から誰かに話しかけることが苦手で、実際に話すと話が上手ではないことは自分でもよくわかっていて。なぜならリアルで話す時に自分のことを俺とか僕と呼ぶことが恥ずかしいから一人称がないのだからそれも当然のことだ。ひとつのことでモノになるものにするには十年はかかると言う。それくらい持続させるにはひきこもる時間も必要で、自分のことを深く考えることで作られると言う。グルグル考えてしまう性格も悪いものではないのかな。

2014/09/02

だいすけ

ひきこもりをしろなんて決して言ってない。でもいいとは言ってる。このバランスが絶対健康的だと思う。ブログに感想を書きました。

2016/11/29

saga

1924年生まれの著者は、自分の父母よりさらに10歳年長。ひきこもりは時代を超えて存在していた。ひきこもりを肯定的に表現した書名に惹かれた。しかし、21世紀の今、著者が言うようにひきこもりの人が深く考えて生活しているか? 昼夜が逆転し、ネットやゲームの世界に逃避する若者が多くはないか? 本書が、ひきこもっている人達が自立して生きる指針になってほしいと願う。

2019/03/19

kakoboo

以前、引きこもりがちな友人に外へ出ようと積極的に声をかけていた自分に対してはっとするものがありました。コミュニケーション力が大事と世の中では言われていますが、いつでも外に出るのでなく、2つの言葉を作る上で自分の時間・孤独の時間を作ることの方がよっぽど大事だと感じました。 何でもかんでも世間のあるべきや普通を意識すればいいもんじゃないですね。 吉本さんの本を初めて読みましたが読みやすいのでオススメです。

2018/01/04

あふもん

人生って、特に現代は、長いスパンで見ないといけないのかな。10年手を動かし続けたらものになるとか、いつか必ずひきこもりに合う職業が見つかるとか、そうやって長い目の希望があれば、そしてそういうことを言い切ってくれる人がいれば、救われるし頑張れるよなぁ

2014/05/21

感想・レビューをもっと見る