読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

経済学講義 (ちくま新書1276)

経済学講義 (ちくま新書1276)

経済学講義 (ちくま新書1276)

作家
飯田泰之
出版社
筑摩書房
発売日
2017-09-05
ISBN
9784480069856
amazonで購入する Kindle版を購入する

経済学講義 (ちくま新書1276) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

壱萬弐仟縁

これから経済学を学びたい人には好適。知らなかったのは、ショートサイド原則(115頁)で、マクロ経済学に出て来る、生産能力と有効需要のうち小さいほうで現実のGDP水準は決まるということ。重要箇所は水色ゴシ体でメリハリがある。

2017/12/20

Ex libris 毒餃子

大学で学ぶ経済学の入門としてはベスト。計量経済学までカバーしているのが良い。

2018/07/07

ころこ

最小限の経済理論の説明から、ゲーム理論や行動経済学を使って経済政策へ。グラフの様な抽象から具体的決定へという大きな流れはあるものの、政策評価や提言を消しているのが本書の特徴です。それは、読者の理解が進めば、著者が日ごろ発信している経済政策が評価される筈だという矜持にもみえます。経済学者には、50代と40代に大きな溝がある様にみえます。それは、冷戦崩壊と共にマル経を疑問なく受容したか、バブル崩壊をどの立場で体験したかということに規定されている様に思えます。ようやく海外標準的な経済学者が多数台頭してきて、日本

2017/09/14

Sleipnirie

経済学入門の入門というか、考え方のストーリー、大まかなイメージを持ってもらおうというガイドブック。要を得た話の運びで各理論の長所・短所、使い分けを書いてある。 ミクロ(自由市場の効率性、需要・供給と価格・費用との関係、市場を通さないもの、自由でない市場。ゲーム理論、行動経済学)、マクロ(GDPなど一国の経済状態と市場の分類、モデル化)、計量経済学(平均以外の値の種類·分析方法·データの読み方)。 あまりツッコんだ解説せず、もっと知りたい人に3分野のオススメの新書を1冊づつ(マクロ担当が自著)挙げている。

2018/02/16

Hatann

ミクロ経済学、マクロ経済学、計量経済学にわたって経済学の基本概念を平易に説明する。経済学入門にはいろいろなアプローチがありうる。研究対象となる経済の実態をジャーナリスティックに分析してみるもの、新聞ニュース記事を個別に深堀りしてみるもの、歴史的アプローチを通じて経済の役割を大枠で素描してみるものなどもある。どのアプローチから入ってもいずれは経済学上の概念を利用して仮説分析を行うことになるため基本概念の平易な説明は大いに助かるだろう。ゲーム理論や行動経済学にも目配せされていたが、非常に読みやすかった。

2019/02/28

感想・レビューをもっと見る