読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

僕らが世界に出る理由 (ちくまプリマ―新書)

僕らが世界に出る理由 (ちくまプリマ―新書)

僕らが世界に出る理由 (ちくまプリマ―新書)

作家
石井光太
出版社
筑摩書房
発売日
2013-07-10
ISBN
9784480689009
amazonで購入する

僕らが世界に出る理由 (ちくまプリマ―新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

黒頭巾ちゃん

若者にたいして「それをする必然性は何か」「成し遂げるために最短距離をいけ」としています。さらに「直感を信じて、経験しろ」と一人旅を例にあげています。しかし、そう上手くいかないこともあります。その時は「ちょっと違う道に変える」とジャンボ尾崎 や画家を目指していた黒澤明の例をあげています。とにかく努力してみると道が拓けるとしています。特に好きなことを…。でないと続きません(+_+)巻末にはNGOのジレンマ、不法児童労働をなくしたら、家族が破綻し子供を売る話から、「正論だけでは片付かない」としています。

2013/10/03

ヨータン

かなりストイックな方。学生時代にもの書きになると決めて、何がなんでも一日3冊本を読み切り、1週間に1本作品の書き写しをし、1ヶ月に1本試作を書き上げたそうです。ここまで自分を追い込めるって、すごいとしか言いようがありません。

2015/01/11

すたんど(Showji)

【15/11/15】自分のやりたいこと、為すべきことを見つけたら、そのための最短距離を選ぶ。規格外の武器を身につけること。ノンフィクションライターによる、エールと挑発の書。成功者の高みからの物言いと感じさせないのは、読者と共に呻吟しているからだろうと思う。

2015/11/15

calaf

海外へ行けば、自分がいかに日本国内の常識にとらわれているかに気付き、本質は何かを考えるきっかけとなり、自分の弱さを知る事になる。これらはその後の自分の人生に大きくかかわってくる重要な事...というような感じの主張かなぁ...でも、基本的には著者と同じく物書きを目指す若者たちへのメッセージという面が大きい本と感じました。

2013/08/05

ふろんた

ちくまプリマー新書なので、若者向け。危険な場所と言われるところであっても、今私たちが得ている情報はニュース記事を切り貼りしたものを得ているだけ。現地に行けば、そこで当たり前のように生活している人がいる。それは外に出て体験しなければわからない。学生の頃に読んでおきたい本ではあるが、自分が学生の時に読んでいたら、外に出ることが正解であって、それができないのがダメなのではないかとへこむと思うので、補足。何も知らないのは問題かもしれないが、本などで知識を得た上で、外に出ない選択をすることも前進だと思う。

2014/10/03

感想・レビューをもっと見る