読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

池上彰と現代の名著を読む (単行本)

池上彰と現代の名著を読む (単行本)

池上彰と現代の名著を読む (単行本)

作家
池上彰
出版社
筑摩書房
発売日
2019-12-13
ISBN
9784480816818
amazonで購入する

池上彰と現代の名著を読む (単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

バイクやろうpart2

池上彰さんと東工大の学生さんが現代の名著を読む‼️という面白そうな企画に目が留まりました。理系の学生さんが絶対に選ばないであろう書籍にも興味ありました。これら書籍を通して学生さんが現代に対し、疑問、疑念を表現するところ多く共感する部分ありました。是非、読んで頂きたい一冊です。

2020/02/09

kei302

対話形式なので読みやすい。理工系大学生×池上さん≒時代を斬る白熱議論!戦争を含めた昭和の時代の出来事、今の日本と将来を国際関係を絡めて若い人たちに伝えていく深くて濃い内容。一方的に伝えるのではなく、対話する相手の学生たちに考えさせながらも鋭く切り込み、視点を与えながらの講義にワクワクしながら読んだ。池上彰さんのすごさに驚きつつ、私たちの世代に池上さんのような人はいるのだろうか・・と心細くなる。NetGalleyJP

2019/12/14

ばんだねいっぺい

 ウィルソン大統領の言葉。「勝者も敗者もない平和」が響いた。これは、仏教でいうところの「和合」だ。それが、できるよう技術を磨いていきたいなぁ。あとは、人の意見を聞かない少数による意志決定は、そうだよなといたく共感した。本当の意味での少数精鋭ならいいけど「ベスト&ブライテスト」の例もあるしな。

2020/04/19

kubottar

東工大の学生が絶対に手を出さないであろう本をチョイスしただけあって、変わった本が多い。

2020/03/07

Nazolove

読書家名乗ってるわりには自分こういった固い本は読まないなーと感じ、改めてこういった本も読めればなーと思った。 いつもは真面目な解説丁寧な池上さんだが、この本ではプライベート池上さんを垣間見た本であった。(ずっと丁寧口調なのかなと勝手ながら思ってしまっていたので) 本を読んで感想文を書く、ってことだけでも良いことなのだけどこの本をもとにこうして議論を交わす、なんてことも出来ればいいなーなんて思った。 政治や学校の勉強をこうした疑問をもつ人たちが変えていければいいのではないかな、と思った。

2020/03/02

感想・レビューをもっと見る