読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

九度目の十八歳を迎えた君と (創元推理文庫)

九度目の十八歳を迎えた君と (創元推理文庫)

九度目の十八歳を迎えた君と (創元推理文庫)

作家
浅倉秋成
出版社
東京創元社
発売日
2020-11-19
ISBN
9784488435219
amazonで購入する Kindle版を購入する

九度目の十八歳を迎えた君と (創元推理文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

へくとぱすかる

「なぜ実咲は18歳のままなのか?」。物語を通して最大の謎だと思ったものが、……だったんですねぇ。改めて反芻してみて、あっと驚いた。作者は決して読者を裏切っていない。こちらが勝手に取り違えてしまったわけです。ラストで解かれるべき謎を……。物語の進行は、ひんぱんに高校時代と現在が入れ替わりながら進んでいきますが、どちらも、一見ムダに思えるほどに、情熱的な青春にはちがいない。犯罪事件がなくても、日常系とは言えないほどに濃密なミステリ。人生の隠れた秘密は、それ自体が立派に謎となる。今年のラスト本は良かったです。

2020/12/31

三代目けんこと

大好きな「創元推理文庫」の積読本が目も当てられなくなったので、今日から重点的に読んでいきます。その第1弾は、伏線の狙撃手・浅倉秋成本。「なぜ同級生は年をとらず18歳のままなのか?」追憶の青春ミステリ。前向きになる一冊!!

2021/07/23

坂城 弥生

教頭先生、いい人だなぁ…こういう教育者がいっぱいいれば良いのに。

2021/03/31

本屋びと

学生時代の甘酸っぱさとかほろ苦さとかヒリヒリするような痛みとか、全部詰まってた! THE青春だねー。ノスタルジーに浸りまくっちゃった。それにうっとりするほどうまい喩えがいっぱい。真鍋さんや教頭先生が愛おしすぎてヨキ!ヨキ! 切なさと爽やかさが入り混じった最高の読後感でした。

2021/06/06

geshi

輝いている同級生を横目に青春を空回りさせていた高校時代を持つ主人公と同類の自分には、痛々しさに同調して転げまわりたくなる程。二和美咲の謎を探偵する行為は、青春時代を振り返りながらも現在との変化に愕然とし、大人になって現実と折り合いをつけてしまった自分を顧みること。野球を見る場面や教頭とのプラモデル制作の時間などエピソードひとつひとつが刺さる。彼女が隠していた真実へと丁寧に伏線が折り畳まれていって、もう一つの違和感に綺麗に結びつく。青春が終わっても跳躍し続ける人生は終わらないと締めたのは快い読後感。

2021/03/12

感想・レビューをもっと見る