読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

10日でおいくら? くるくる ラスベガス&グランド・キャニオン! (単行本)

10日でおいくら? くるくる ラスベガス&グランド・キャニオン! (単行本)

10日でおいくら? くるくる ラスベガス&グランド・キャニオン! (単行本)

作家
k.m.p.
出版社
ジェイティビィパブリッシング
発売日
2015-06-03
ISBN
9784533105265
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

人気ユニットk.m.p.の「10日でおいくら?」シリーズ第3弾はラスベガス&グランド・キャニオンが舞台。世界の辺境地を旅してきた二人が、きらびやかな人工都市へ。k.m.p.の二人だからこそ描き出せた、ラスベガスのイメージをくつがえす、暮すように旅した10日間を、生き生きとしたイラストと豊富な写真で紹介します。ベガス好きはもちろんのこと、カジノに興味がなくても、お金がなくても、ギラギラゴージャスが苦手でも、ラスベガスの魅力が必ず発見できる、お得情報満載の1冊です。また、世界の絶景・グランド・キャニオンや、モニュメント・バレーなど、周辺情報もたっぷり掲載!!  実際に10日間でつかったお金もわかる本商品は、旅行の計画にも、忙しくて旅に出られないときも、旅好きなら必読のイラストエッセイ。人工都市+大自然の旅をじっくり味わってください!
※この電子書籍は2015年6月にJTBパブリッシングから発行された図書を画像化したものです。電子書籍化にあたり、一部誌面内容を変更している場合があります

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

10日でおいくら? くるくる ラスベガス&グランド・キャニオン! (単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

野のこ

キラキラ☆じゃなくてもはやギランギランなラスベガス。ニセモノの街とテーマパークのようなホテルの迫力はすんごい。ゴージャスなシャンデリアの下でカジノ。そして一泊二日のグランドキャニオンのオプションツアー。このまま空をビューんと飛べそうな世界。180度ガラリと変わる景色はどちらもスケールの大きく、ただただ圧倒されそうです。ラスベガスは2人のイメージじゃなかったけど、しっかりと自分らしく楽しんでてさすがだなぁと思いました。私には無縁、と思ってたけど気になる場所に。

2017/07/16

わゆ

ちょっとこれはカジノに興味がなくても行ってみたくなるわ。エジプトのコンセプトホテルが楽しそうでいいなぁ。

2015/08/22

ひとん

ラスベガスといえば、カジノ!しか思い浮かばない。それだけじゃないベガス(&グランドキャニオン)の魅力がぎっしり。バフェやホテル観光、ちょっぴりカジノしたい。

2015/09/07

patapon

ラスベガスというとカジノ、お金をいっぱい持っていかないと楽しめないイメージでしたが、イメージが変わりました。ホテルやショーを楽しみながらのんびりと過ごすお二人の旅を見て、初めてラスベガスに行ってみたいな、と思いました。しかし、グランドキャニオンツアーは高いなあ。

2017/03/25

ごろ

漫画だけど写真もイラストもビッシリなのがいい。読み応えあり!すでに数回行っているラスベガス。情報を、というよりは旅心を喚起するために購入。行きたいなぁ!

2015/07/05

感想・レビューをもっと見る