読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

四人の兵士

四人の兵士

四人の兵士

作家
ユベール・マンガレリ
田久保麻理
出版社
白水社
発売日
2008-07-24
ISBN
9784560092118
amazonで購入する

四人の兵士 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

新地学@児童書病発動中

心に染み入るような静謐で美しい物語。ロシアの赤軍に参加した4人の若者の野営地での生活を淡々と描きながら、行間から深い哀しみが伝わってくる。戦争の残酷さをこれほど詩的に表現した物語は少ない。戦闘の場面が出てくるのはごくわずかで、それ以外は野営地での若者らしい生活が、陰影深く描かれる。彼らは必ず闘いに参加しなければならない。それを心に留めながら、日々を生きるときは、どんな些細なことであっても、輝いて見えるに違いない。実際に主人公のベニアが仲間たちに抱く親愛の情は、読んでいてほろりとした。結末は辛く悲しい。→

2017/11/19

キムチ27

佳作❕設定した・・とある時代背景は1919、しかもロシア赤軍での従軍の日々。日常といっても過酷極まる時間。だが綴られる文章が醸す世界は驚くほどに平和で穏やか。だがそれは彼らの何気ない精神力で作り上げられた虚構。あすは判らない4人の兵士。互いに氏素性を探ることなく「ちっぽけな喜び」を見出すことに時を紡ぐ。エヴァドキンの登場は画期的なくさびを打ち込んだ⇒文字❕記録を残す。。ラストに待ち受ける現実は昏い想いの余情で一杯にさせる。寓話ともつかぬ現実味のある文学。声高でないだけに文全体が散文的に胸に響く

2019/11/24

みねたか@

ロシア内戦。文字も読めない、まだ女性と一夜を共にしたこともない若者。そんな四人の赤軍兵士たちが、戦線に移動する前に過ごした、つかの間の満ち足りた日々を描く。戦闘に対する恐怖や、辛い長く厳しい冬の日々の悪夢。そんな一人で立ち向かうにはあまりにも辛い不安や記憶を抱える彼ら。だからこそ、思いを共にする仲間がそこにいる、それだけでどんなに救われ、光を見出せたことだろう。震えた背中にそっと毛布をかけるような優しさに満ちた世界が素晴らしい。そして、彼らのもとに配置された少年兵士のエピソードは、とりわけ切ない。

2018/02/04

miyu

まさにこの季節にこの本を手に取ることが出来た偶然に感謝。誤解を怖れずに言えば「プライベート・ライアン」よりも「シン・レッド・ライン」が好きな人に是非読んでいただきたい。あらすじを伝えることなど無意味で虚しいが、あの映画に感動した人なら、この「四人の兵士」にも心震えるのではないだろうか。耐え難く思い出したくもないであろう戦争の最中であろうと自然はそのままに存在しているし、人の感情や想いも根っこの部分では変わらない。しかし好む好まざるに関わらず、曲げねば生きていけない瞬間がある。パヴェルの決断に胸が痛んだ。

2014/08/16

みー

背景に戦争があって、そこで出会った4人の若者の日常を淡々と描いている。嵐の前の静けさとでも言おうか、静かな凪のような日常に、4人の友情と絆が、眩しく描かれている。親と死に別れた主人公は、この3人が家族となり、この関係が永遠に続いたらと願うが・・彼らの置かれたその環境は「戦争」と言う日常の中にあった。そんな不安定な環境の中の、一時の平安が、くり抜かれている。だからこそ、後半に襲い掛かってくる「戦争」の足音には、彼ら同様に読者も心が締め付けられる。当たり前の様な一日の大切さが身に染みて感じられる内容だった。

2016/03/30

感想・レビューをもっと見る