読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

からくりランドのプリンセス

からくりランドのプリンセス

からくりランドのプリンセス

作家
青井夏海
出版社
原書房
発売日
2013-11-22
ISBN
9784562049677
amazonで購入する

からくりランドのプリンセス / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

nyanco

プリンセスが学園に留学してくる、国外で1年間留学生活をおくらなければ王位継承することができない。この設定は面白いし、プリンセスが日本のアイドルに興味を持っている…という点も面白い。それだけだとティーン向けのライトノベルで終わってしまうのだが、そこに親の視点を持ち込み、プリンセスの警護が3人の保護者に委託されるというひねりも面白い。それも、保護者会の役員の押し付け合いの末に…というのもいい。(加納朋子さんの「七人の敵がいる」のような役員話の部分、非常に面白かった。続→

2013/12/29

zanta

どこかRdgに似ている。だけど、私にはこちらの方があっているようだ。アイドルもダンスも興味はないのだけれど、ひきこまれた。終盤にきて、色々ばたばたと畳まれてしまった感があるのは残念。

2014/05/27

蕭白

面白かったです。可愛らしい中学生が主人公で、若さゆえのまっすぐさが心地よかったです。それと好対照な親たちの姿もまたいい感じに描かれていたと思いました。

2014/03/15

外道皇帝

中学校に欧州の弱小国の王女様が留学してきた。目立たない警護はPTAで選ばれた3人の保護者。芸能人研究部に入った王女様をめぐってようやく騒動が起きるのが2/3くらいからなので前半はかなりまどろっこしい。最後はドタバタした感じで終わってしまったが、どのあたりが「からくりランド」だったのだろう。全体的に子供向けかなあ。

2014/07/31

りこ

この人の本の中では、ちょっとラノベ的ですが、それなりに楽しめたし、最後の謎解きはやっぱり流石と思いました。

2014/07/16

感想・レビューをもっと見る