読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

どうしてわたしはあの子じゃないの

どうしてわたしはあの子じゃないの

どうしてわたしはあの子じゃないの

作家
寺地はるな
出版社
双葉社
発売日
2020-11-18
ISBN
9784575243475
amazonで購入する Kindle版を購入する

どうしてわたしはあの子じゃないの / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

桜子

中学生の天、ミナ、藤生。住んでいるのは、息苦しいほどの片田舎。恋、友情、憧れ、不安、嫌悪…この年齢だからこそ渦巻くたくさんの感情。叫び出したい。逃げ出したい。嫌いになりたい。いま、大人を生きてる人ならば、懐かしくなる気持ち達。そんな3人が大人になって、再び出会う。寺地さんらしい、優しい本。そして神様も優しいはず。

2020/11/28

sai

中学の同級生だった男女3人。憧れ、嫉妬、後悔…伝えられなかった言葉は、卒業前に書いた手紙に込められた。別々の人生を歩み30歳になったある日、あの時の手紙を読もうと連絡がきて…。

2020/11/29

らて

色んな感情が渦巻いた。 十代の頃の好きな人をそっと見つめては、ちょっとした言動に心が暴れる感覚。今ここにはない、遠く離れた場所に恋い焦がれる感覚。そして、分かりあえないことを受け入れるという言葉に少しだけ救われた気がした。家族だから、恋人だから、友人だから、すべてを分かりあえるなんて思うのは傲慢だ。むしろ、その違いを学びにし、面白がれる余裕のある人でいたいと思う。 物語に出てくる村名を知ってる気がして、どごだっけ?!何で知ってるんだっけ?!と思っていたら 以前に書かれていた小説の舞台でした(笑)

2020/11/23

感想・レビューをもっと見る