読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

無法地帯―幻の?を捜せ! (双葉文庫)

無法地帯―幻の?を捜せ! (双葉文庫)

無法地帯―幻の?を捜せ! (双葉文庫)

作家
大倉崇裕
出版社
双葉社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784575511208
amazonで購入する

無法地帯―幻の?を捜せ! (双葉文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

takaC

そちら方面の素養十分な自分故にとても楽しく読めました。

2013/03/22

sin

これは暴力的なおたくの物語です。そしておたくとコレクターの違いは…なんて思ってしまった。子供のおもちゃを横取りするのがおたくだよね(w.)しかし、主役の両雄が幻の?を追いかける際に感じる高揚感は紛れもなくコレクターの生きがいそのものであって、そこにはおたくだなんだの差は全く見当たらない。だって五十歩百歩だからね、物にこだわりを持つ気持ちは誰よりも共感できるから、この作品は苦い笑いもあるけど特別に面白かった。

2015/05/28

coco夏ko10角

『警官倶楽部』からこれを。オタクのパワーとエネルギーすごい~。色んなところで起こるドタバタ、楽しかった。この前『スーツアクター探偵の事件簿』を読了したけど、本書を読んでからの方がもっと楽しめたかも。あと久しぶりに白戸修シリーズ再読したくなっちゃった。

2016/08/15

momi

怪獣…フィギュア…食玩…がでてくる話と言えば、男心をくすぐりますよねぇ〜。このお話は…そんな男心…好きなものに命をかけ、追いかけ集める「オタク」「コレクター」と呼ばれている人達のお話です!!怪獣大好きなヤクザ、食玩コレクターの探偵に、オタク青年…数百万円もする幻のプラモデル「ザリガニラー」をめぐってし烈な争奪戦を繰り広げる…。カーレースに乱闘…待ち伏せ…闇討ち…拳銃…命をかけた奪い合い!息つく暇もないスピード感…面白いはずなのに収集癖のない女の私には興味がなく…楽しめなかったことが残念です…。

2013/04/15

面白かったぁ♪コレクターの気持ちは分かりません(^^;けど、熱いんだなぁってのは分かりました。作家さんもコレクターさんなのかな?

2015/06/30

感想・レビューをもっと見る