読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

日本推理作家協会賞受賞作家 傑作短編集(12) 1日1話で読む6つの深き謎 (双葉文庫)

日本推理作家協会賞受賞作家 傑作短編集(12) 1日1話で読む6つの深き謎 (双葉文庫)

日本推理作家協会賞受賞作家 傑作短編集(12) 1日1話で読む6つの深き謎 (双葉文庫)

作家
岡嶋 二人
笠井潔
木々 高太郎
北村薫
北森鴻
連城三紀彦
出版社
双葉社
発売日
2021-06-10
ISBN
9784575659061
amazonで購入する

日本推理作家協会賞受賞作家 傑作短編集(12) 1日1話で読む6つの深き謎 (双葉文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ひさか

2021年6月双葉文庫刊。日本推理作家協会賞受賞作家傑作短編集シリーズ。受賞作家さんのアンソロジーなので受賞作は載っていません。シリーズが、もう12作目までになってるんですね。表紙絵は「危険がレモンパイ」です。このお話は、動機が曖昧なまま終わってしまい、少し消化不良気味です。北村さんの「しりとり」は、好きな話で楽しいです。が、全ての作品について、深き謎というフレーズは適切ではなく、どういう基準で選んだのかよくわからないアンソロジーです。結局、好みの作家さんを楽しんだだけで終わりました。

2021/07/30

小梅さん。

なんて贅沢なアンソロジー。 お目当ては北森鴻さんと連城三紀彦さんだったけど、他の作品もどれも読み応えばっちり。 「死固」だけは、ちょっと犯則技では?と思わないでもなかったけど。 北村薫さんのあれは、しんみり心に沁みる。 あんなメッセージを残されたら一生忘れない。 連城作品のあのひっくり返しもお見事。 どこに着地するかと思ったらそうだったのか。 北森さんは香菜里屋で嬉しい。 これ、シリーズで色々出ているようなので他も読んでみようかな。

2021/06/15

コチ吉

岡嶋作品のあるようでないトリック、北村作品の詩的味わい、大好きな香菜里屋シリーズの北森作品。幻想と現実との目眩く融合の連城作品。

2021/07/16

あずとも

岡嶋二人さんと北森鴻さん目的で購入。色んな作家さんの作品を1冊で読めるのは贅沢な感じ。意外な犯人、衝撃の結末等々驚きの真相がテーマの短編集。

2021/06/16

たけぞ

年代を感じさせる推理の展開で楽しめました。

2021/10/30

感想・レビューをもっと見る