読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

長屋道場騒動記【四】-迷い熊猛る (双葉文庫)

長屋道場騒動記【四】-迷い熊猛る (双葉文庫)

長屋道場騒動記【四】-迷い熊猛る (双葉文庫)

作家
芝村凉也
出版社
双葉社
発売日
2019-06-12
ISBN
9784575669480
amazonで購入する

長屋道場騒動記【四】-迷い熊猛る (双葉文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

やま

長屋道場騒動記4作目 2019.06発行。字の大きさは…中。 後始末、道場破り、剛者流剣術、無人党、水戸街道の5編。 十年の廻国修業から帰って来た信抜流の達人・間野生馬の剣が、悪を断つ。 江戸の三大道場のひとつに数えられる北辰一刀流千葉周作の玄武館で共に汗を流す、周作の次男で師範代・千葉栄次郎と間野生馬は、何らかの謀に係わり、生馬の「信抜流指南」を掲げる道場で20人もの浪人に襲われるが・・・。→

2020/10/20

Dyans

なんと 間違えて登録。したが、間違えて書いた感想が内容と一致。どういう事だろうかな...(父親に秘密あり)

2019/11/07

ニッキー

今回は、前作を引きずり、尚且つ因縁はもっと深いところにあるように匂わせている。期待できる。

2019/07/11

ぼら

シリーズ4作目、おもしろかったです!

2019/12/05

感想・レビューをもっと見る